その8 反省をする

たまに過去に作った作品を見ることがあります。その際、必ず反省をするようにしています。反省をする際に見るポイントは、文章やイラストだけではありません。「文字の読みやすさ」も多少は考えるようにしています。例として、行間隔を広くしたり空白を増やしたりしています。

 

また、他の人が自分の作品を見たらどう思うだろうか、ということも考えています。なかなか他人の思うことを想像するのは難しいかもしれません。でも「いわゆる走ルンですが嫌いな人が見たら」とか「水戸岡デザインが好きな人が見たら」とか、一個人の考えというより「こんな考えの人が見たら」という風に考えると、多少想像しやすいと思っています。