永神高速線

えいじんこうそくせん

大都市永京、八田山、神場などを結ぶ大動脈であるため、全国でも特に利用客数が多い高速線である。

1985年までは八田山~神場間の線路がつながっておらず、乗り換えを嫌った客は飛行機を利用していた。しかし、同年に線路がつながり、永京~神場間の直通運転が開始された。この直通運転開始により、国内屈指の需要があった永京(仁江)~神場間の航空路線は大幅減便されている。

鳥豊地方も通る永神高速線であるが、その全区間でNTR今北により運行されている。

永神高速線は、永京駅と神場駅を結ぶ高速鉄道路線。1968年に永京~八田山間が開通した後、1975年に外桝~神場間、そして1985年に八田山~外桝間が開通して現在の区間が開通した。

 

車両は1968年から1984年まで初代車両が使われていたほか、1985年からは二代目車両が登場した。1990年代になると混雑が問題となっていたため、1994年に二階建て車両が登場。しかし二階建て車両は最高速度が240km/hまでしか出せないため、スピードアップの障害になっていた。

1997年からは一編成当たりの輸送力よりも、車両のスピードを重視するようになる。永神高速線4代目の車両は二階建てではないが、最高速度275km/hでの運転に対応。従来240km/h制限となっていた区間も設備を改良し、275km/hでの運転ができるようになった。

2010年には新型車両が登場。営業最高速度320km/hに対応した車両であり、2011年から300km/h運転が開始されている。この車両は永神高速線において5代目の車両。現在はこの車両が主力となっており、二階建て車両を置き換えたり、4代目車両を置き換えたりしている。

 

基本ダイヤは速達型が10分間隔、各駅停車が15分間隔。本来は各駅停車の本数がもう少し多くてもいいのだが、設備の都合上これ以上増やせない。これは速達型列車の需要が多いからである。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年08月17日

当ページ公開開始日 2019年02月16日