両得電鉄アプリに関するメモ書き

※両得電鉄アプリは空想のアプリです。

両得電鉄では2015年12月1日から「両得電鉄アプリ」で運行情報を確認することができるようになりました。

その他の機能も順次追加されており、中にはユニークな機能もあります。

 

2015年12月1日時点での機能一覧

・リアルタイム運行状況(列車の位置と遅れ(1分単位)を表示)

・両得電車豆知識

・両得電車沿線スポット!!

なお、この時点では永京都内と津喜県内(得原・桃志線は除く)のみ対応でした。

 

大きく機能がアップデートされたのは2016年12月1日のことです。対応区間が永京、津喜県内に加え茨原・遠山原県内にも拡大され、仙豊支社管内を除く全線に対応しました(ちなみに、仙豊支社管内は「仙豊電車アプリ」により対応)

 

2016年12月1日時点での機能一覧

・リアルタイム運行情報

・両得電車と豆知識!!(沿線の豆知識も追加)

・両得電車沿線スポット!!

・混雑・乗り心地案内(乗客によるリアルタイムデータベース。詳細は後述)

・特急列車空席案内(2018年3月に「空席案内」に名称変更)

 

特筆すべきは、「混雑・乗り心地案内」であり、従来外部サービスでしか分からなかった列車のリアルタイム混雑状況を、公式アプリでもわかるようにしたことです。

このサービスは、乗客の協力なしでは成立しません。

混雑率は「とても混んでいる」「混んでいる」「割と混んでいる」「普通」「割と空いている」「空いている」の6項目から乗客が選択し、その情報が送られます。それを集計し、最も多い選択肢をアプリの列車情報に表示します。

アプリの列車情報を見るには、「リアルタイム運行状況(初期表示画面)」の列車アイコンにタッチすると、現在地から最も近い駅の到着予定、発車時刻、長さが表示されます。この際に混雑状況も表示し、もう一回タップすると車両ごとの混雑状況も見られるようになります。

乗り心地も同様のシステムを用いており、選択肢は混雑率に関する6項目の「混んでいる」を「悪い」に、「空いている」を「良い」に変更しただけであり、こちらも混雑率の項目と同じ手順で見ることができます。

2018年9月1日アップデートでは、乗務員の態度も評価項目に加わりました。これは他の鉄道で駆け込み乗車した乗客に対し、不適切な車内アナウンスを行ったり、乗務員ドアを蹴飛ばしている動画が撮影されるなどのトラブルがあったため、これらを防ぐ目的で追加されました。

 

※駆け込み乗車した客に対する不適切アナウンスは、放送禁止用語(命を預かる乗務員として恥じるべき発言)を言ってしまったことが問題になりました。なお、両得電鉄では駆け込み乗車客に対する注意をマニュアル化しており、また必要以上に感情的なアナウンスはしないようにしています(ただし、注意案内の口調は強めである)。

 

両得電鉄アプリは両得電鉄各駅に掲示されたポスターやパンフレット、さらに車体広告などにより宣伝されています。特に津古線は全面ラッピング車を走らせてアピールしています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年08月30日

当ページ公開開始日 2018年08月30日