2019年11月30日改正

 両得電鉄では2019年11月30日にダイヤ改正を実施します。2019年3月16日以来のダイヤ改正であり、今回の改正も規模が大きいものとなっています。

 特に新線(遠山原特急線延伸花浜線開業)や設備改良(津喜線永京~日向道場間複々線化)が相次いで完成し、一部では新たな運行系統(津古線~八田山線~外之瀬線)も誕生します。近年は大規模な改正が多い両得電鉄ですが、今回の改正は特に規模が大きいものと言えるでしょう。

今回の改正で変わること

・遠山原新線の延伸と「高速急行」の運行開始

 遠山原新線が延伸され「遠山原特急線」となります。また、豊矢~得原長沼間では「豊矢特急線」が完成し、遠山原線は木滝神宮~豊矢間を除いて特急線と普通線(通勤電車が走る線路)が分離されます。これにより、上谷~遠山原間の所要時間は大幅に短縮され、電車の余裕時分も増やされます。

 遠山原特急線には新駅が設けられる予定です。茨原県にある「生板鍋子駅」は、今回のダイヤ改正で新設される予定の駅。茨原鉄道と接続することにより、富街空港方面や茨原県中央部へのアクセスが強化されることになります。

 「高速急行」は新たに設けられる種別で、時速160km/h運転に対応した通勤電車「RC1系」により運行されます。高速急行は上谷~古林間で15分間隔、古林~遠山原間で30分間隔で運行される予定です。この電車の運行により、より永京都市圏と遠山原都市圏の移動が便利になります。

・遠山原線の準急、桃急、快急の廃止

 遠山原特急線経由での「高速急行」が運行開始されることに伴い、上谷~古林間の速達通勤電車として機能してきた快速急行が廃止されます。また、「わかりやすい電車プロジェクト」に基づき、種別を削減。準急とラッシュ時に運行されていた桃急が廃止されます。種別削減により、「どの電車がどの駅に止まるか」がわかりやすくなるほか、遅延に強い電車を目指します。

・遠山原線急行の本所停車化

 従来は本所を通過していた遠山原線急行ですが、種別削減に伴い今回の改正から停車するようになります。

・若萩線特急の廃止

 ラッシュ時に運行されていた特急は、利用者が少ないことやプラスカー連結電車で代替することを理由に廃止されます。

・桃志線駅ナンバリング導入(CD)

 インバウンド対応を強化するため、新たに駅ナンバリングを導入します。「コネクトネットワーク」に対応した駅ナンバリングを導入し、「CD」に続いて小野原駅から順番に番号を振ります。

・永京駅で地下鉄線から津喜線急行線への接続線路使用開始

 2018年3月10日ダイヤ改正より使用を開始している、永京~州崎間の地下線から地下鉄津喜線へ乗り入れられるように改良。急行などをこの地下線経由に変更します。もともと急行などが走っていた高架線には各駅停車(永京~津喜方面)を走らせます。この各駅停車は、地下鉄民谷線直通電車を永京始発に変更したものです。

・津喜線と地下鉄民谷線の直通乗り入れ廃止

 各駅停車をすべて永京、地下鉄津喜線内方面始発とする関係で、地下鉄民谷線との直通乗り入れが廃止されます。永急電鉄への乗り入れも廃止されます。

・津喜線急行の停車駅見直し

 急行が永京~日向道場間において地下線経由となることから、地下線にホームがない問屋橋、茅野町、福住の各駅を通過とします。また、ホームが設けられている日向道場駅も通過します。

・津喜線準急、桃急の廃止。北萩線では快急も廃止

 「わかりやすい電車プロジェクト」に基づき、種別を削減します。準急と桃急が廃止されるほか、北萩線直通の快速急行も廃止される予定です。

・津喜線快急運行区間の短縮(津喜~奈原間では廃止)→富街空港線でも廃止

 津喜線の津喜~奈原間で快速急行を廃止します。また、富街空港線直通の快速急行も廃止されます。

・津喜線快急の全列車八田山線直通化

 津喜線で運行される快速急行のすべてを、八田山線直通に変更します。これにより永京都心から仁江までの所要時間が一部電車で短縮されます。

・八田山線急行の青沢、空湊、安須、風戸停車化

・八田山線と外之瀬線の直通運転開始

奈原線での桃急、快急の廃止

 奈原線では津喜線直通電車を削減し、桃急、快速急行を廃止します。

・奈原線にて区間急行運行開始

 奈原始発の津久茂電鉄直通電車のすべてを区間急行として運行します。日中は15分間隔で運行される予定です。

津久茂電鉄15分間隔化

 奈原線一部電車が直通する津久茂電鉄では、日中の運行間隔を20分間隔から15分間隔に変更し、増発します。

若葉の森線、八田山線準急の廃止→準急はすべての急行化

 若葉の森線と八田山線では、準急を廃止し急行で代替します。

・若葉の森線での急行運転区間短縮(鹿居~物原間では廃止)

・若葉の森線での特急運転廃止。

津古線特急の廃止

 利用率が高くないことや、通勤電車にロング・クロス転換座席を連結した編成があることから、特急を廃止します。

・津古線快急新設(特急の代替)

 新たに新設される快速急行は、ロング・クロス転換座席車両を連結した通勤電車で運行されます。

・津喜線と八田山線、外之瀬線の直通運転開始

・津古線快速の廃止。急行の米本通過化

・アーバンループの両得電鉄化

 津喜みなと鉄道が両得電鉄と統合されることにともない、アーバンループ線は両得電鉄の路線となります。

・花浜線開業

 アーバンループ線鹿居アリーナ駅から分岐し、花浜駅へと向かう花浜線が開業します。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年09月08日

当ページ公開開始日 2019年09月07日