両得幕沼~津喜間の設備改良

両得電鉄では線路の複々線化を進めてきましたが、両得幕沼~津喜間は長い間複線でした。

2001年には花見川~両得稲木間の新線が開業。この区間は複々線分の用地を確保してありますが、当面は上りのみ複々線ということになりました。

大きな変化が訪れたのは2004年。両得本線のスピードアップとサービス改善のため、両得幕沼~津喜間の複々線化が検討されることになったのです。これに備え、同区間の各駅ではポイントの交換(分岐側でも80kmで走行可能なノーズ可動式分岐器)や部分的な複々線化(花見川~汐見ヶ丘間)が行われることになりました。

ポイントの交換工事は、北鷺沼、検見浜、花見川駅が対象。分岐側の進入可能速度を大幅に上げることにより、各駅停車などのスピーディーな退避を可能としました。この工事は2016年までに完了しています。

部分的な複々線化は、花見川~両得稲木間、両得稲木~汐見ヶ丘間の二区間に分けて行われています。花見川~両得稲木間は、ほとんどの用地が確保されていたため、2013年までに複々線化されました。

一方、両得稲木~汐見ヶ丘間はひかり台駅の地下化工事と連動して進められたため、2017年1月に完成しました。この区間は、掘り割りと高架線の二重構造だったり、地下線と高架線の二重構造だったりします。また、汐見ヶ丘は地下線と高架線が地上で合流するため、2面4線の構造になりました


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年04月21日

当ページ公開開始日 2018年04月21日