両得本線の歴史

インターアーバンは鉄道になりたかった

 両得本線の前身は京得電気軌道である。この京得電気軌道が1901年から1932年にかけて、現在の両得本線となる区間を開業させた。

 当初の計画では永京の市内路面電車に直通する予定で、線路幅は馬車軌間とも呼ばれる1,372mmで線路が敷設されるはずだった。しかし、それよりも線路幅が狭い1,064mmでの敷設となったのは、国営鉄道への貨物直通を想定したからである。

 このことからわかるように、京得電気軌道はインターアーバンと貨物鉄道という、二つの要素を同じ路線に持たせようとしていた。

 1905年までに深芝の対岸、業平から津喜までの区間が開業すると、いよいよ京得電気軌道は本格的なインターアーバン(都市間連絡電車)として機能し始める。

年表1

1901年 川井~船瀬間 開業

1902年 業平~川井間 開業

1905年 船瀬~津喜(現津喜中央)間 開業

路線を広げる前に、やりたいこと

 京得電気軌道は不動産開発を得意としていた。創業メンバーにはデベロッパーになることを目指していた人がおり、その人が京得電気軌道不動産部を設立。1906年以降路線建設がひと段落して資金が余っていたので、少しずつ不動産開発に重きを置くようになった。

 不動産開発に重きを置くようになった理由はそれだけではない。永京~津喜の利用に加え、途中駅から永京・津喜への旅客流動を創出したり、沿線に施設を建設した際すぐ黒字にできるようにしたりする目的もあった。実際、施設として遊園地と劇場が建設されている。

 このような事情により、京得が次に路線を伸ばしたのは津喜延伸から10年後の1915年となった。

年表2

1910年 船瀬に「京得船瀬遊園(後の幕沼遊園)」が開園

1914年 「津喜劇場」が完成

Go East

 不動産開発がひと段落した1915年。10年ぶりに京得電気軌道の線路が伸びることとなった。目指したのは当時のどかな街だった富街である。富街は街の規模としてそれほど大きくなかったが、あくまでも富街延伸は第一歩であり、最終目的地は奈原だった。

 1917年にはいよいよ最終目的地の奈原へと路線が伸びた。奈原はかつて幕府が置かれていた街で、四方を山や丘に囲まれている。街の中心は古い建物が多く、古都として知られているのだが、それゆえに「景観を乱す」だとか「騒音になる」だとかと難癖をつけられて延伸反対運動が起こってしまった。

年表3

1915年 津喜(現津喜中央)~富街間 開業

1917年 富街~奈原間 開業

古林線関係がひと段落した後

 京得電気軌道は奈原延伸後、古林線の建設や開発を進めていた。そのため、両得本線(当時「本線」)の開発ペースはゆっくりとなった。

 そんな両得本線が久しぶりに延伸することとなったのは、1928年の事である。都心部への延伸を目的に、地上区間と全く同じ規格で建設された「地下鉄」として、上谷~業平間が開業した。途中には深芝駅が設けられているが、これは当時深芝を目指していたほかの鉄道の延伸を阻止する目的もあった。

 上谷~業平間のうち、実際に地下区間なのは上谷~深芝間だけである。さすがに、当時の技術で深芝~業平間にある川の下を通すのは困難だったようだ。

 安全性の都合で、開業からしばらくの間は車体すべてが鋼鉄で作られた500形が上谷~業平間を往復していたが、500形の増備が行われると、上谷~奈原間の列車も運行されるようになっている。

年表4

1928年 上谷~業平間(地下鉄区間) 開業

1928年 鋼鉄製電車500形デビュー

※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年11月18日

当ページ開設日 2017年9月28日