両得電鉄と旧得原鉄道の合併について

1966年に旧得原鉄道は両得電鉄と対等合併した。この対等合併は、ある鉄道の影響により行われたとされる。それは旧来戸急行電鉄だ。

 

来戸急行電鉄は1950年代頃から不動産開発を積極的に行っていた。その勢いは他の鉄道会社に比較しても凄く、得原鉄道が営業エリアとする遠山原地区にも進出していた。

 

得原鉄道も不動産開発を行っていたが、こちらはエリア拡大よりも遠山原エリア内で手堅く施設を建設していくというスタイルだった。

 

1960年代になると、来戸急行電鉄と得原鉄道の不動産開発争いが激戦になる。得原鉄道の予算ではとても来戸急行電鉄に太刀打ちできない。そこで、不動産開発が得意ながら遠山原地区にあまり進出していなかった両得電鉄の協力を得ることになった。

 

両得電鉄と得原鉄道は当時すでに相互直通運転を行っており、友好的な関係を築いていた。両得電鉄は得原鉄道沿線に施設を建設し、得原鉄道は逆に長距離の乗車に向いている車両を両得に貸し出した。車両の貸し出しは海水浴客が多い夏季によく行われ、普段得原鉄道の車両が乗り入れることがない両得本線奈原、北萩線北萩などにも入線していたという。

 

事件が起きたのは1965年。当時の来戸急行電鉄が得原鉄道の買収に乗り出したのだ。来戸急行電鉄は営業エリアの拡大を積極的に行っており、ライバルの両得に先駆けて遠山原の地を手に入れようとしたのだ。

 

この動きを察知して、両得電鉄も対抗手段に出た。まずは来戸急行電鉄が建設していた施設のすぐ近くに似たような施設を建設した。また、来戸急行電鉄沿線へ向かう観光バスを多数運行した。

 

これら両社の動きは「遠山原戦争」として知られている。この遠山原戦争は、ほかのどの地域の開発競争より過激なものだった。そして、両得電鉄と得原鉄道は「このままでは共倒れする」という危機感を抱き、遠山原戦争に決着をつけるために対等合併を行うことにした。

 

対等合併を行えば、両得電鉄と得原鉄道が一体化することにより競争力が高まる。そして、来戸急行電鉄が遠山原地区から撤退すると考えたのだ。

 

このような経緯から、両得電鉄の中でも遠山原エリアは独自の車両やサービスが提供されている。とはいえ、近年は両得電鉄本部とあまり変わらないサービスや車両に変わりつつあり、かつて別の鉄道により運行されていた時代の香りは消えつつある。

 

ちなみに、得原鉄道との対等合併時、「すべての路線を30年間維持すること」という条件もあった。この条件は守られ、現在もほとんどの路線が両得電鉄の路線として残っている。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月07日

当ページ公開開始日 2018年05月07日