古林線の歴史

船は陸上へ

 仁戸時代の物流は、水運が中心だった。徒名川に面している古林では、古くから水運が栄え、多くの商人が財を成していた。しかし鉄道による物流が各地で主流となり、次第に水運は衰退。古林の商人たちは時代の変化に対応するため、鳴田鉄道を誘致した。しかし、鳴田鉄道は少し遠回りして永京に向かうため、新たなルートとして京得電気軌道古林線を計画。京得電気軌道に資金提供し、古林線を建設させたのである。

 古林線の開業と同時に京得電気軌道は貨物輸送を開始したが、京得電気軌道は法律上「路面電車」という扱いであり、珍しく路面電車が貨物輸送を行うことになった。古林の商人たちの船は、陸上に上がって「電車」に進化したのである。

 1922年に東兵庫~鎌原大仏、翌年には鎌原大仏~古林間が開通。その後、1927年には徒名川を渡り辰巳ヶ崎まで延伸した。

 

※京得電気軌道は、現在の両得電鉄の前身となる鉄道である。

 

京得、まちづくりに挑戦。

 古林線の沿線は地盤が良い。これは「下得台地」を走っているからであり、また自然が近いこともあって、1925年に不動産会社と統合した京得電気軌道は沿線を高級住宅地として開発することにした。

 古林線沿線の開発では、英国のエベネザー・ハワードが提唱した「Garden City」の考えを取り入れた。この考え方は両得不動産によると「都市の経済的な利点と、農村の生活環境を結合した理想的な都市形態」だという。早速旭町駅周辺がこの考え方に基づいて開発されることとなった。

 旭町駅周辺の開発では、まず京得電気軌道が周辺の土地を買い取り、住宅を建設。それを賃貸し賃貸収入により街の維持や建設費の償還を行う。この手法は後にほかの駅周辺開発でも行われ、両得電鉄や両得不動産となった現在の両得グループが得意としている手法だ。

 また、「若者がいなければ街は成立しない」という京得電気軌道の方針により、鎌原大仏駅には高校や大学が誘致された。この手法も他の路線沿線の開発でも行われ、両得グループが得意としている手法である。

 

古林線の今

 古林線は両得電鉄でも12を争う人気路線である。それは京得電気軌道時代から行われてきた不動産開発、学校誘致や細やかなサービスが維持されてきたからであろう。また、比較的混雑率が低いことも支持されている理由の一つだ。華やかなイメージがある両得本線に比べると多少「地味」な感じは否めないが、言い方を変えれば閑静で落ち着いた沿線という表現もできる。

 しかし、両得電鉄はこの現状に満足せず、さらに住みやすく心地よいまちづくりを進めている。その取り組みが素晴らしいものであるかどうかは、10年後、100年後に成果として現れるのであろう。

 ほかの路線で新型車両導入や増車が行われる中、目立った話題がない古林線だが、それは派手なことをしなくても十分ほかの路線に対抗できる魅力があるからなのかもしれない。

※当ページの内容はフィクションです。

このページの最終更新日は、2018年03月21日です。

このページの公開日は、2017年7月6日です。