これより下、「B地点」までの内容は空想の内容です。A地点


樫葉線の歴史

栄え始めていた街と元から栄えていた街を結ぶ

 樫葉鉄道は1923年に計画された。計画された背景には、京得電気軌道(現両得電鉄)古林線の開業が関係している。古林線は古林街道沿いに建設されたが、このエリアから樫葉へ向かうには狭い道をずっと歩かなければならず、とても不便だった。そこで、鉄道を敷設して樫葉と古林線を結んで利便性を高めようと樫葉鉄道が計画されたのである。

 樫葉鉄道のうち、古林線との接続駅鎌原大仏~樫葉間は1928年に開業。1930年には線路を北へ伸ばし、徒名川を渡って茨原県の米ノ井まで開業した。米ノ井までの延伸は、米ノ井の人々により誘致されたが、この延伸以降樫葉鉄道の業績は悪化している。業績の悪化とは直接関係がないが、1942年には両得鉄道に統合。両得樫葉線として新たにスタートした。

 

長い間冷遇されるが……

 戦後の樫葉線は、長い間新型車両が導入されず中古電車ばかりが走る路線となった。これは両得本線や古林線への新型車両の導入を優先したからである。1962年には古林線直通電車が廃止され、以降さらにローカル線としての役割を強めていった。

 1990年には車体を新たに製造した6800系が導入され、以降2003年までの間主力車両として活躍。樫葉線のイメージアップに貢献したが、純粋な新型車両ではない。また、車体長さが18mだったので混雑がひどく、結局20系や50系といった古い電車に置き換えられてしまった。ただ、20系や50系は2015年までに70系に置き換えられている。

 そんな樫葉線に転機が訪れたのは2015年。10系30番台が2編成だけだが導入された。この編成は、樫葉線の新たな顔として活躍中だ。


B地点 これより上、「A地点」までの内容は空想の内容です。

このページの最終更新日は、2017年9月12日です。

このページの公開日は、2017年7月6日です。