津喜急行線の歴史

津古線の駅一覧、車両イラストは路線ページの「津喜急行線」をご覧ください。

津古線の地図は、地図ページの「津喜市エリア」「富街エリア」をご覧ください。

高速線整備にともなう通勤新線として計画される

 1970年代ごろに計画されていた「両武・富街高速線」は、永京と富街空港・遠山原を結ぶことを目的に建設が進められていた。しかし、騒音問題などにより反対意見が強く、地元との協議の結果「通勤新線」を高速線脇に併設することが決定した。

 なお、「通勤新線」は両得電鉄が当時計画していた「湾岸高速新線」へ「海浜新都心西(現海浜検見浜エリア)」から直通することが当初から決められている。この計画は一部変更のうえ、「津喜急行のベイコネクト直通運転」として実現した。

 「通勤新線」はその後、1972年に「津喜急行電鉄計画」として本格始動。1973年から建設が開始されたが、この際純丘~街道宿間で並行する津喜電鉄からの反発があった。津喜電鉄との協議の結果、「新中沼」駅は設置しないものの、津喜電鉄中沼~街道宿間は廃止させることに決まる。しかしそれでは津喜電鉄にとって不利益になるため、中沼~街道宿間は津喜電鉄の列車が優先的に運行されることが決定した。中沼~街道宿間に津喜電鉄直通列車があるのはその名残である。

 

のどかだった開業時

 1978年に検見浜~街道宿間が開通した津喜急行電鉄(当時)だったが、当時は急行連絡線(両得本線急行信号所~宮野木間)が開通しておらず、4両編成のT10系が線内折り返し運転を行っていた。しかし、1979年に急行連絡船が開通して両得本線への直通運転を開始すると、ラッシュ時に8両編成や10両編成が走る路線に変化している。

 ちなみに、T10系は当初4両編成で導入されたが、その後8両固定、その後10両固定編成となったため編成内で製造時期が異なる車両が混在している。

 

ベイコネクト直通

 両得本線への直通をすでに行っていた津喜急行電鉄。しかし、永京~津喜間の大動脈である両得本線に津喜急行の列車が直通する余裕はなかった。ほとんどの列車を検見浜折り返しにせざるを得ず、津喜に行くにも、永京に行くにも必ず乗り換えをしなければならない不便さが不評だった。

 そこで、当初から計画されていた「湾岸高速新線(ベイコネクト)」への直通運転を早期に実現するため、1984年に検見浜~新都心西信号所(現リヒトモール付近)までが建設されている。しかし、当時沿線の開発が進んでおらず、旅客線として開業させることは見送られた。

 1987年になると、ようやくベイコネクトが新浦原まで開通。当時永京都内へ直通していなかったこともあり(浦原市は津喜県)、乗客数は少なかったが新たな都心アクセスルートが誕生した。この当時、車両直通時の使用料相殺(そうさい)を行うため、T10系は津喜駅へ直通する運用が存在していた。

 本格的にベイコネクトへの直通運転を開始したのは、1991年のベイコネクト浜茄子町延伸時のことである。いよいよ永京環状線へ接続するルートが完成し、両得本線直通列車は完全廃止。いよいよ都心アクセス機能をベイコネクトにシフトしていくようになった。

 さすがに1991年時点で1978年登場のT10系は時代遅れになりつつあったため、T20(両得800番台ベース)が登場した。1996年までに10両編成が何本か増備されている。

 

空港アクセス路線へ変化

 1990年代後半になり、両得電鉄はNTR今北への対抗策として、津喜急行電鉄を経由した新たな富街空港アクセスルートを整備することとなった。

 津喜急行電鉄は当時新都心西(現リヒトモール)~街道宿間の路線であったが、これを富街高速線計画により整備された未使用設備を活用して延伸することが2001年に決まる。翌2002年から工事が開始され、2005年に街道宿~鹿渡、2009年に鹿渡~富街空港までが開業した。

 なお、鹿渡への延伸時に必要となった車両は、両得電鉄からリースされた車両(700番台64両編成)でまかなわれている。2009年の富街空港延伸時にリース車両は返却され、代わりに10300番台10両編成が導入された。

 ちなみに、2009年の富街空港延伸時、大きく変わった区間がある。それはいつ廃止されてもおかしくない状況だった急行連絡線(急行信号所~宮野木間)である。

 急行連絡線は両得本線と津喜急行電鉄線を結ぶことを目的に建設され、1991年までは定期列車が運行していた。しかし、1991年のベイコネクト浜茄子町延伸にともない両得本線直通列車は廃止。以降長い間臨時列車以外で使われていなかった。

 だが、空港アクセス列車「翔(種別名。特急に相当)」と急行「エアポート富町が地下鉄広鐘線、浦原線、両得本線を経由して津喜急行線に直通することとなったため、再びこの設備がフル活用されることになった。現在、急行連絡線は永京~富街空港間の旅客輸送に欠かせない存在となっている。

 

両得電鉄への統合

 津喜急行電鉄は、国と県の方針により2016年12月両得電鉄に統合され、津喜急行電鉄の路線は「両得津喜急線」となった。ちなみに、「津喜急」は津喜急行電鉄の略称としても用いられており、路線名だけでなく車両基地も「津喜急」車両センターに名称変更された。

 一方、車両は2016年7月ごろからアピールも兼ねて両得電鉄の標準デザインに変更されており、統合に先駆け2016年10月にT10系とT20系の形式が「70300番台(T10)」「80300番台(T20)」に変更されている。なお、「300番台」が与えられたのは、10300番台と番台数を合わせることで「津喜急の車両」であることをわかりやすくするためだ。

※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年11月18日

当ページ開設日 2018年7月5日