津物線の歴史

津古線の駅一覧、車両イラストは路線ページの「津物線」をご覧ください。

津古線の地図は、地図ページの「津喜市エリア」「津喜・市津エリア」をご覧ください。

津喜と外郷を結ぶ路線として計画されるが

 津喜と外郷は、すでに外郷線により結ばれていた。しかし、本数が少なめで、特に物原や長ノ宮など栄えていた街では「電車があれば」との声が多かった。この声に目をつけたのが、後に北萩鉄道となる「津物鉄道」である。

 津物鉄道は、光鐘回りで物原へ向かう外郷線とは違うルートで物原を目指すことにした。選ばれたルートは下野を通るルートで、人口は少ないがショートカットして物原へ向かうことができるルートだ。

 1923年に南津喜(現本津喜)~下野間が開業したが、その後延伸されることはなく、津物鉄道は「北萩鉄道」に名前を改め北萩方面へ路線を伸ばしている。

 下野から先、物原への延伸を断念したのは、睦井、北萩方面に延伸したほうが経営上得策であると判断されたことと、下野から先は地形的に建設費が高くなってしまったからである。

 

存在感が薄いがゆえに

 津物線は途中の下野までしか開業しなかったため、北萩線に比べると存在感が薄かった。1960年代になると、古房急行経由で仁江急行電鉄の列車が乗り入れるようになり、本数の関係で鹿居~下野間を折り返す列車が出現した。北萩線の本数は年々増え、そのたびに津物線の津喜直通列車が削減。津喜~鹿居間の複々線化が検討されるものの、この時点では具体的な計画にはなっていない。

津喜駅地下化

 津物線の津喜駅は、1988年まで現在の永津線ホームがある位置に存在していた。ホームは相対式2面2線。両得本線への直通列車は汐見ヶ丘駅との間にある連絡線を通り直通していた。

 ところが、NTRが永津線を津喜(三戸名)まで延伸することになり、その用地が確保できなかった。そこで津物線のホーム用地が活用されることが決まる。津物線はホームを移転させることを余儀なくされ、新たなルートで津喜を目指すこととなった。

 津物線の津喜駅は、両得本線の津喜駅(2面4線の内側2線)を何とか改良して使うことが決まったが、問題はそのルートである。両得本線津喜駅から分岐させるルートにすると、どうしても本津喜駅の位置を移転させなければならなかったのだ。この件に関しては、地域住民から大きな反発があった。

 一方で、ルート案に示された本津喜駅移転予定地は津喜県庁、津喜県警察本部、JBS津喜支局(当時)など津喜の中心地ともいえる場所であったことから、紆余曲折の末移転を行うこととなった。

 津喜駅地下化工事では、津喜~津喜寺駅南までを地下化している。この工事はNTR今北の都合により行われたものであり、建設費用はすべてNTR今北が負担した。その関係か、駅の構造は簡素で味気がないデザインだった(2012年にリニューアルされ、木目調のお洒落なデザインとなっている)。

津物線を大きく変えた計画

 1990年に計画された「津喜高速市電地下化構想」だが、1993年に発表された「B案」では両得電鉄の路線として扱うとされた。両得電鉄は津物線のサービス向上と津喜中心部直通列車増発のため、このB案を受け入れることとなった。

 B案改め、「両得若葉の森線計画」には、津古線と北萩・津物線を地下線で結び、直通列車を走らせるという記述があった。具体的な議論が行われた後、若葉の森線は津物線内発着の列車をメインとすることが決まる。

 このような経緯で201748日に開業した若葉の森線には、津物線の列車が終日乗り入れている。若葉の森線の開業により、下野からの鹿居止まりの列車は深夜を除き廃止。利便性は大幅に向上した。また、津古線との直通乗り入れが開始され、さらに列車は両得本線直通列車以外すべて8両編成化されている。

 なお、両得本線直通列車以外8両編成化されたことにより、津物線で運行される8両編成はすべて草深車両センターに転属。従来津古線で運用されていた編成も津物線で走るようになった。

 

 従来は「北萩線の支線」要素が強かったが、若葉の森線開業により「津古線の支線」要素が強まったのだった。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年07月16日

当ページ公開開始日 2017年07月05日