両得バス

 永京都、津喜県、遠山原県、見沼県、仙豊県などでバスを走らせる両得バスは、2003年に両得電鉄自動車部が分離して誕生。車体カラーは地域により異なっており、画像の水色バスは永京都、津喜県、遠山原県などで見られる。ほかにも、旧仙豊鉄道バス部塗装や来急バス塗装を受け継ぐ車両もある。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年02月23日

当ページ公開開始日 2019年02月23日