両得電鉄の車両更新情報2018

※当ページの情報は、今後変更になる可能性があります。

30系

2018年度は津古線と両得本線に導入される予定。引き続き両得本線・古林線系統の二階建て車両連結を進めていく。 

2019年度は津古線と津物線に導入され、津古線に関しては両得電鉄所属編成で運行される列車が30系に統一される。また、津物線用の編成は「1000番台」という、8両編成を4両編成に分割することが可能な車両となる予定。連結時の通り抜けも可能で、4両編成での運用が予定されている津喜新交通線内での運行に対応した。

2020年からは2000番台が両得本線、古林線などで運行を開始する。2000番台は500番台のグレードアップ版で、非常時に近くの駅、避難場所へ自走できる機能や、乗り心地を改善する装置の導入が行われる。

10系

2018年度も2017年度に引き続き、二階建て車両(1500番台)が導入される。津古線→両得本線、古林線への転用工事は2018年度で完了する予定で、2019年度は行われない模様。その一方、もともと両得本線、古林線に所属していた編成へのプラスカー連結が2018年度より開始されている。このケースでは中間車が1編成につき1両余剰となるが、これは0番台の6ドア車置き換えに用いられる予定。

仙豊支社では4000番台が4両編成4本導入された。本来は2017年度で導入終了予定だったが、近年の仙豊支社は車両不足気味で、それを補うために導入されたようだ。2020年以降は30系1000番台が導入される予定。

来戸本線では2019年度から交直流電車2360系の直流化(交流機器撤去のみ)が行われ、「10系2000番台」として10系に編入される予定。また、デザインもオレンジ色から黄緑色に変更され、10系1300番台とイメージを統一するという。また、2021年頃からVVVFインバータなどの更新工事、また、プラスカーの連結が行われる予定。

80系

2018年時点で津古線用として運行されている編成は、30系の導入に伴い仁江車両センターや北萩車両センターへ転属予定。ドア上帯をオレンジ色として北萩線、仙豊本線で運行される予定だ。

50番台の機器更新工事は、本来の完了予定を前倒しして2020年までにできないかという意見があり、現在検討中。ほかの車両の更新計画などもあるため、前倒しできるかは不明とのこと。

CBTC装置設置計画

保安装置であるCBTCは、2018年3月ダイヤ改正より津電線での使用が開始された。津古線への導入も前倒しを検討している段階であり、その他の主要路線にも2020年度中に導入することを目標にしている。 

現時点で導入が決定しているのは、津古線、両得本線、古林線、浦原線の4路線。津古線の次は両得本線に導入される予定で、2020年~2024年頃をめどに該当区間を走る全編成にCBTC装置を取り付ける予定だ。ただし、他社の車両更新計画によっては数年程度の遅れが発生する可能性もある。 

※その後、ホームドア設置の件もあることから、上記の該当区間設置目標が2030年頃までに変更されている。 

その他

両得電鉄津喜エリアの組合資料に「全編成を対象としたドアボタン設置」に関する記述があった。 

「両得電鉄では、全編成を対象としたドアボタン設置を計画しているようだが、ドアボタン設置はどの工場で行うのか。ただでさえ80系50番台や10系0番台、100番台などの更新計画があって工場の余裕がないのに、ドアボタン設置はあまりにも無茶なのではないか」 

詳しいことは不明だが、2015年に両得電鉄では「夏季の環境改善構想」を発表。冷房を備えた待合室を拡充していく構想を発表している。ひょっとしたら、電車そのものも待合室としてしまおうという計画なのだろうか。 

地域ごとにアイデンティティを感じられる電車構想

両得電鉄では過去、得原鉄道、仙豊鉄道、そして来戸急行電鉄などの鉄道を吸収してきた。その名残として各地域では「得原電車」などの愛称が「両得電鉄」の代わりに使われている。

両得電鉄では各地の愛称を引き続き使用しながら、車両のデザインも見直し、より地域ごとのアイデンティティを感じられるようにする構想を発表している。

現段階では「仙豊支社所属車両のデザイン統一」「得原支社所属車両のデザイン変更」「来戸本線のブランドカラーを「黄緑」に設定」などが計画中。このうち来戸本線のブランドカラーに関しては、2019年以降に順次車体色を黄緑に統一することで対応予定。仙豊支社所属車両デザイン統一は、現在デザインを検討中とのことだった。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年01月10日

当ページ公開開始日 2018年04月09日