両得電車Q&A

Q:両得電鉄のイメージカラーは何色ですか??

A:水色です。元々別の鉄道だった来戸本線や仙豊鉄道なども駅の案内などに水色を用いています。

 

Q:両得電鉄の路線網はなぜ広大なの??

A:両得電鉄は複数の鉄道が合併して現在に至る鉄道です。特に戦後の合併は規模が大きく、得原鉄道、仙豊鉄道、そして来戸急行電鉄という大規模な鉄道との合併が行われています。

 合併が行われた理由はいくつかありますが、共通している点として「赤字路線の維持と新たなエリアへの進出」という理由が挙げられます。両得電鉄は合併により営業エリアを拡大でき、合併される側の鉄道は赤字路線の維持を合併条件にすることで路線網を維持することが可能なのです。

 結果として、両得電鉄はシステムや運用の効率化と営業エリアの拡大を果たしましたが、多くの赤字路線も同時に維持する必要に迫られました。

 

Q:様々な種類の車両があるのはなぜですか??

A:両得電鉄の車両が多種多様なのは、複数の鉄道が合併して路線網が広大になったことと関係があります。得原支社、仙豊支社、そして来戸業務部の車両(一部を除く)は合併前の鉄道が設計したものです。両得電鉄の設計が他の鉄道の車両と異なるように、これらの鉄道の車両も設計がそれぞれ異なっています。

 

Q:一部の路線ページにも車両イラストが掲載されているのはなぜですか??

A:路線ページの車両イラストは、その路線で活躍する車両のみを掲載しています。これはどの電車が走っているか分かるようにするためです。ただし、掲載されている車両のみ走るわけではなく、中には掲載されていない車両や臨時電車として走る電車もあります。

 

Q:アナウンスの声優さんを教えて??

A:具体的な名前についてはお答えいたしかねます。ですが、駅アナウンスは上り(永京方面)が男声、下りが女性です。一部駅で導入されている英語の駅アナウンスも同様となっています。

 車内アナウンスは支社ごとに異なりますが、すべて女声です。永京・津喜・得原支社は若干おばさんのような声、来戸支社は若い女性の声、仙豊支社はおばさんの声となっています。同じナレーターのアナウンスでも、収録時期によって声質が異なることも。

 

Q:モデルになった鉄道や地域はありますか??

A:モデルになった鉄道に関してはお答えいたしかねます。ただ、地域に関しては「地形だけ」モデルにした部分や、「都市の規模だけ」モデルにした部分などがあり、はっきりと「ここがモデル」と言い切れません。

 

Q:副業はありますか??

A:詳しく設定していません。ただ、バスを走らせたり百貨店を経営したりしているみたいです。不動産にも強みがある模様。

 

Q:沿線の風景イラストがあればいいな

A:作者もそう考えていて、一度駅のイラストを描いたことがありました。しかし、絵心がありません。また、絵を描く集中力が続きません。どうしてもアニメっぽい女性のイラストを描きたくなってしまうのです。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年12月27日

当ページ公開開始日 2017年12月03日