両得電鉄の車両更新情報2018

※当ページの情報は、今後変更になる可能性があります。

30系

2018年度は津古線と両得本線に導入される予定だが、2019年度は津古線のみに導入される予定。草深総合車両センターの津古線用編成は、2020年春までに30系100番台に統一される。

すでに津古線で活躍している30系10番台に関しては、ロング・クロス転換座席を搭載していないことから、2019年度中に10両編成化して三城総合車両センターに転属予定。両得本線用編成と同様、地下鉄民谷線直通運用などをメインに活躍する予定だ。

2020年度から2022年度までは導入の予定がないが、2023年度以降に古林線の80系0番台置き換えを目的に30系500番台を導入するという話がある。

10系

2018年度も二階建て車を中心に導入される予定。津古線から両得本線への転用工事は2018年度で完了する予定で、2019年度の導入予定はない模様。

なお、2018年度に8両→10両に組み換えられる編成は、3編成を除いて古林線用の車両になるとのこと。2018年4月5日には古林線への二階建て車組み込みが正式発表されており、その全列車が10系100番台で運行されることとなる。

仙豊支社の4000番台は2018年度に導入されない予定だったが、急遽4両編成4本を導入することになった。ただし、仙豊本線の列車を4ドア化する計画もあり、2019年度には導入されない予定。

80系

現在津古線用として活躍している編成は、30系100番台の導入に伴い順次仁江総合車両センターや北萩車両センターに転属予定。70系の置き換えや3ドア車削減計画もあり、仙豊支社所属の車両も置き換える模様。

50番台の更新工事は、予定を前倒しして2020年春までに完了させられないかを検討中。他の車両の更新計画などとの兼ね合いもあり、実現可能かどうかは不明とのこと。

CBTC装置設置計画

保安装置であるCBTCは、2018年3月ダイヤ改正より津電線での使用が開始された。津古線への導入も前倒しを検討している段階であり、その他の主要路線にも2020年度中に導入することを目標にしている。

現時点で導入が決定しているのは、津古線、両得本線、古林線、浦原線の4路線。津古線の次は両得本線に導入される予定で、2020年~2024年頃をめどに該当区間を走る全編成にCBTC装置を取り付ける予定だ。ただし、他社の車両更新計画によっては数年程度の遅れが発生する可能性もある。

その他

仙豊支社所属の3ドア車を置き換えるための新形式が検討されている。この新形式は30系のシステムをベースにした4ドア車となる予定で、連結時に通り抜けができるよう前面に貫通扉が設けられるという。

この新形式は2020年度以降の導入を目指しており、30系の導入予定がない2020年~2023年の間に集中導入される可能性も考えられる。

津物線下野駅と物原線物原駅を結ぶ津喜新交通は、部品の確保が困難になってきたことから普通鉄道化が計画されている。普通鉄道化の際、両得電鉄との相互直通乗り入れを開始する予定だが、この計画の状況次第で車両更新計画が変更される可能性があるとのこと。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年04月09日

当ページ公開開始日 2018年04月09日