ベイコネクト

2018年3月10日に浜茄子町~高品間が開業。

同時にNTR空港郷得ラインと東海道高速電車への直通乗り入れが開始。

ベイコネクトはどんな路線??

倉橋先生が解説します。

  ベイコネクトを一言で表すと「海沿いのお洒落な路線」です。沿線には巨大テーマパーク、巨大ショッピングモール、巨大マンションが建ち並んでいます。

 始発の浜茄子町は地下駅。以降木材座手前まで地下区間が続きますが、これは海の下を走る箇所があるからです。ベイコネクトの建設で最も苦労した区間と言えるでしょう。建設費が高かったため、現在もベイコネクトは加算運賃が適用されています。

 豊海は近年開発が進む人気エリア。大型商業施設やマンションなどが建ち並び賑わっています。市場も移転しており、活気にあふれる街といえるでしょう。

 木材座はベイコネクトで唯一地上にある駅です。といっても、道路とは立体交差しているため踏切はありません。かつてはターミナル駅だったこともあり、その頃の名残で2面4線の構造となっています。NTR永津線すら通っていなかった頃は、駅だけが立派で周辺は開発されていなかったようです。

 木材座からは高架区間となり、マンションや戸建てが建ち並ぶエリアを走り続けます。新浦原駅周辺もマンションが多いですが、NTR永津線や浦椿線と接続しているため、ほかの駅よりも賑わっています。浜茄子町まで延伸する前は、ここで浦椿線に乗り換えて浦原で浦原線に乗り換えるのが定番でした。

 次の登出は、大型テーマパークの最寄り駅です。周辺には遊園地やテーマパークが数多くありますが、差別化のために人気漫画の世界観を取り入れたアトラクションなどがあります。開園時は「日本らしさ」を強く意識していましたが、現在は別の区画に西洋風の建物・アトラクションもあります。日本らしい区画と西洋風区画は森によって区別されており、お互いの区画から向こうの区画が見えることはありません。

 あかね浜は登出と逆で、かつては周辺の工場利用者しか利用しない駅でした。あかね浜駅がある島は工場しかありませんでしたが、地価の上昇や環境問題で工場が移転。スポーツ施設が増えています。しかし、この付近は海風が強いので強風時に列車が運休になりやすいのが欠点です。

 芝園も工場が多い駅ですが、駅前(南側)にはバスの営業所がありました。両得バス芝園営業所は、1996年に開設された営業所でしたが、バスが塩害被害を受けやすいことから2013年に移転しています。

 リヒトモール駅はその名の通り「リヒトモール」という大型商業施設に隣接しています。リヒトモールができたのは2012年。それまでは「新都心西駅」という名前でした。2001年までは信号所でしたが、開発予定地に移転の上で駅に格上げされています。ベイコネクトのホームと津喜急行線のホームが離れているため、「近づけてほしい」という要望が多いようです。

 海浜検見浜は「検見浜新都心」の中心駅で、有名企業の本社や大型コンベンションセンター「検見浜メッセ」が周辺にあります。上を見ると懸垂式モノレール「津喜都市モノレール」が走っており、内陸部や沿岸部からの利便性も高いです。ラッシュ時はこの駅から乗車する人と下車する人の両方で賑わいます。

 両得スタジアム駅は、その名の通り「両得スタジアム」に隣接する駅です。両得スタジアムを本拠地とする「両得オニオンズ」は、現在も存在する遊園地「幕沼遊園」を発祥の地とします。幕沼遊園ではかつて新聞社の社長と協力して野球チームを結成していましたが、後に分裂。両得電鉄側のチームとして「オニオンズ」が結成されました。

 ちなみに、チーム名の「オニオンズ」は当時の選手が全員玉ねぎ好きだったことに由来しています。オニオンズは三大球団の一つであり、分裂後永京の大球団と一位争いを繰り返すなどの強豪チームです。もちろんファンも多く、試合開催時は大いににぎわいます。

 美浜・真砂・幸町は「団地三駅」と呼ばれる駅です。その名の通り団地の中にある駅で、ベイコネクト開業初期からある駅でもあります。近年は団地の建て替えが進んでいるため、若者の利用が増加中。特に真砂駅はモノレール接続駅であり、商業施設もあることから混雑しています。

 終点の津喜は両得本線に近いームと、南口の地下にあるホームの二種類が存在。両得本線に隣接するホームは、開業当初から使われている2面3線のホームです。2017年7月以降、ラッシュ時専用のホームとなりました。

 2017年7月以降メインで使用されているホームは、光鐘線との直通運転開始時に使用開始されたホームです。ホームドアを完備しており、各種案内も見やすい最新鋭の駅となっています。

各種データ


海浜車両センター所属の電車


東海道高速電車の車両(2017年11月から運行中)

東海道高速電車とは、2018年3月の高品延伸時から相互直通乗り入れを開始。

NTRの車両(2017年11月から運行中)

2018年3月に相互直通を開始するNTR空港郷得ラインの車両である。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年07月25日