両得本線津喜県内

倉橋先生が教える

両得本線(津喜県内)って、どんな路線

 両得本線の区間の中で、津喜県内にあるのは本塩から終点奈原までの区間です。本塩は住宅地の中にある閑静な駅。永京に近いこともあって、津喜県内にあるという感じはほぼしません。多くの人が高谷から津喜県だと思っています。

 東兵庫は古林線が分岐する地点。駅の津喜寄りは多少複雑な構造になっており、両得本線の上を古林線が越えていきます。古林線の下をくぐると浦椿線からの線路と合流。浦原線や古林線も複々線であり、この区間の分岐点はかなり複雑な構造になっています。運転にも神経を使う場所です。

 南山神を抜けると、海側に車両基地が見えます。この車両基地は草深車両センターの山神車庫。かつては「山神電車庫」という名前でした。両得本線だけでなく古林線の電車もこの車庫を利用します。ラッシュ時はこの車庫から出庫する電車が多いですが、南山神始発はありません。

 雑居ビルなどが多くなってきたところで電車は船瀬本町に到着します。この船瀬本町は2面4線の高架駅。NTRの船瀬駅から離れており、乗り換え客はほとんどいません。「本町」と名乗るだけあり、NTRの船瀬駅より栄えている感じがします。一方、バスターミナルが貧弱でバスでのアクセスは悪いです。

 船瀬本町を出ると、永京方面の線路との間に空き地があります。この空き地はかつて津電線を延伸するときのために用意されたようですが、結局延伸が実現することはなく現在に至っています。当時は津喜電鉄を買収し、富街空港方面への新線を伸ばす計画もあったようです。

 船瀬橋の脇を渡った電車は、宮本に到着します。かつては競馬場とオートレース場があり「ギャンブルの街」として知られていましたが、現在オートレース場は閉鎖され、ショッピングモールが近いことから若者の利用が多くなっています。駅前のバスターミナルはショッピングモールへの送迎バスが主に使用しており、競馬場行きのバスはたまにしか来ません。それでも、競馬開催時は多くのギャンブラーで賑わいます。

 しばらく国道と並走すると、幕沼遊園に到着します。駅名の由来である幕沼遊園は、1980年代に両得電鉄系列の会社が新たに遊園地を建設した影響で閉園されることになっていました。しかし、長年愛されてきた遊園地であるため存続運動がおこります。結果、閉園を免れることができました。

 幕沼遊園はジェットコースターなどがある普通の遊園地ですが、バラ園や水族館が併設されていたり、小規模な鉄道資料館があったりします。特に鉄道資料館には、かつて津久茂鉄道(現在の光鐘線)で走っていた「人とぶつかると汽車が倒れる」という逸話で有名な汽車が展示されています。

 森の脇を走り、1編成停車できる留置線の脇を通ると幕沼駅です。この幕沼駅の南東側には「三城車両センター幕沼車庫」があります。この車庫は1980年に三城総合車両センター(当時は三城総合検車所)ができるまで大規模な修理や修繕も行っていましたが、現在は規模が縮小されています。跡地にはマンションが建っており、特に車庫に近い部屋は鉄道好きに人気のようです。複々線区間が終わる駅としても知られています。

 複線区間となり、NTR両武線としばらく並走すると、電車は津喜市内へ入ります。津喜市内最初の駅となる北鷺沼は、かつて検見浜新都心への玄関口でした。多くのバスが発着していたバスターミナルも、ベイコネクトやNTR永津線の永京延伸により大規模縮小されてしまいました。

 津喜急行線への連絡線が分岐する「急行信号所」を通ると、検見浜です。津喜急行と津喜都市モノレールも乗り入れるこの駅は、海浜検見浜方面への乗り換え駅。海浜検見浜へ向かうモノレールはいつも混雑しています。懸垂式であるため「落ちそうで怖い」という人も。この検見浜駅周辺は、海浜検見浜ほどではありませんが開発が進み、雑居ビルが数多く建ち並んでいます。

 電車と家との間が狭くなり、花見川を渡ると花見川駅です。花見川駅周辺は民家がびっしりと建ち並ぶ閑静な駅。2013年まで構内踏切が残るなど、昔ながらの雰囲気が今も残る駅です。駅自体は2面4線ですが、ホームが狭く窮屈に感じてしまいます。この花見川駅から汐見ヶ丘駅までは複々線区間です(詳しくはこちらを参照)

 稲木駅は津喜都市モノレールとの接続駅。2001年の花見川~稲木間新線開業以降、再開発が進められマンションが増えています。一方、古くからある神社や洋館もあり、新しさの中にも古くからの歴史や文化が残っている街です。

 この稲木駅から汐見ヶ丘駅までは二層構造の複々線。各駅停車が通る線路は掘り割りまたは地下、急行や特急が通る線路は高架線を走ります。特に掘り割りの上を高架線が通る光景は、他ではなかなか見られない不思議な光景です。

 

廃線探訪 花見川~稲木間旧線

 2001年に列車の高速化を目的として開通した花見川~稲木間の新線。その際廃止された旧線は、現在サイクリングロードになっています。高速道路の下付近までは盛土の区間ですが、そこから先は掘割区間となります。カーブを曲がりきると地面より少し高いくらいの位置を走り、しばらく走ると新線が合流。サイクリングロードが終わります。

 津喜市内で廃線跡を走れる箇所はいくつかありますが、サイクリングロードとして整備されているのはこの区間のみ。しかも、盛土の上を走れるという事もあって、人気があるサイクリングロードのようです。

 

 ひかり台は1960年代に高級住宅地として開発が進められたエリア。当時は海水浴場も近く、とても人気が高いエリアでした。一気に開発が進められ、開発完了後は人口の流入も流出もほぼないことから、現在高齢化が問題となっています。家や土地を売る人も次第に増えていますが、駅の東側には津喜大学があることから、若者向けのアパートが増えているようです。

 このひかり台駅は高架線と地下線の二層構造。高架線は急行が通り、地下線は各駅停車が通ります。改札は一階にあり、そこからそれぞれのホームへ上がったり下ったりします。

 汐見ヶ丘は高架線(急行線)と地下線(各駅線)の合流地点。ホームは地上にあります。この辺りは高級住宅地でしたが、現在はマンションが増えています。2010年以降再開発が急速に進んだため、近隣の小学校は教室不足に悩まされているとか。

 電車は地下に入り、しばらく分岐点を通過すると津喜駅に到着します。津喜駅は地下二層構造。両得本線が使用するのは地下2階のホームです。なお地下3階のホームは北萩・古急線が主に使用するホームとなっています。ひっきりなしに電車が来るので大忙しですが、折り返しがメインの北萩・古急線ホームは神業ともいえる折り返しによって何とかなっています。

 現在の津喜駅が完成したのは1963年のこと。津喜総合駅(当時の計画名称)開発計画に基づいて地下化されました。当初から二層構造を想定した設計になっていましたが、北萩・古急線の列車がすべて地下駅発着となったのは1985年でした。1985年までは地上にもホームがあり、地下区間を走るための防火基準が満たされていない車両は、側線から陸送されて車庫へ運ばれることもあったようです。

 津喜中央は2面3線。真ん中のホームは上り電車が主に使います。ホームが狭く、「もう少し駅が広ければな」と乗客から両得の社長までみんな言っています。リニューアル工事が行われ、きれいになりましたが駅の狭さはそのままです。

 地下区間を出ると、すぐさま道場駅に到着します。津喜の中心部である道場は、駅の利用者が多い割には狭いです。って、二駅連続で狭い駅なのかい!!

 都はアーバンループとの乗換駅。かつては津鐘電鉄との乗り換え駅でした。マンションが多い都駅周辺は、高校が多いことでも知られています。ラッシュ時になると、乗り換え客・乗車客・降車客で大混雑です。

 加曽利と大倉は閑静な住宅地の中にある駅。途中には谷があり、小川があります。その閑静さですが、長くは続きません。三城駅周辺は再びマンションが増えます。

 三城駅は両得電鉄通なら多くの人が知っている「三城総合車両センター」の最寄り駅です。津喜都市モノレールが通り、始発電車が多数存在することから、この周辺はかなり人気が高くなっています。

 「三城総合車両センター」は、三城駅北東にある未開発地に建設された大規模な車両基地。かつて幕沼車庫や草深電車検修所などで行われていたメンテナンス機能を移設し、大規模修繕や更新工事の拠点として機能するようにした工場です。重要部検査など非常に細部まで調べる検査の場合、草深車両センターなどほかの車両センターに所属する電車も当総合車両センターで検査を行います。

 次の飯塚から富街の間は、再び戸建てが多くなります。閑静ではありますが、所々に田畑が広がるなど、多少のどかな雰囲気もあります。このエリアは津喜へのベッドタウンとして機能していますが、富街空港で勤務する人々も住んでおり、ラッシュ時の駅は両方向とも人でいっぱいです。

 富街は「空港都市」とも呼ばれ、富街空港が開港することが決まってから本格的に開発が進められた街です。かつては一面落花生畑が広がっていましたが、いまはバスである程度移動しないとその光景を見ることができません。

 富街から先は田畑や森が増えていき、電車も日中の場合4両編成が走るなど末端区間の雰囲気になっていきます。その中でも利用客が多いのは、草山と奈原駅に近い「ハ」と「ロ」駅です。草山は古くから信仰の対象となってきたお寺があることで知られており、元々栄えていました。NTR両武本線も通るので、利便性は高いです。

 「ハ」と「ロ」は日本一短いとされる駅名で、また珍しいカタカナのみの駅名でもあります。この独特の駅名は、駅がある場所の地名に由来します。かつて幕府が開かれていた時期もあった奈原では、当時の将軍が「地名をわかりやすくしよう」ということで、細かいエリアごとに「イロハ……」の順で地名を付けていきました。その名残が地名や駅名に残っているわけです。

 ちなみに、当時の「ハ」や「ロ」のエリアは「志津」と呼ばれていたそうです。「志津」のエリアは広く、「イロハ地名」が導入される前は場所を区別するのに不便だったといわれています。

 終点の奈原は2面4線。駅の北側には奈滝電鉄のホームがあります。1・2番線を上谷方面が使用しており、3・4番線は奈原線・津久茂電鉄線が主に使用しています。両得本線はこの奈原から、連絡線を通って奈滝電鉄へと乗り入れているのです。

データ


活躍する電車

両得本線の電車


津喜急線直通電車は、2018年3月9日深夜に運行を終了いたしました。

上の電車に加え、高谷~東兵庫間の両得本線部分、東兵庫~富街間は以下の電車も走ります。

白帯の10系30番台、80系300番台、70系300番台は高谷から北鷺沼(急行信号所)までの間を走ります。

浦原線方面へ直通する電車



津喜以東のみ走る電車


・北萩車両センターの車両が乗り入れる。三城総合車両センターに入庫する運用もあり、本数も結構多い。

・奈滝電鉄直通は2018年3月10日ダイヤ改正で直通廃止。以降は奈原線に乗り入れる。

・奈滝電鉄は富街~奈原間のみの直通。津喜には来ない。また、両得電鉄からは北萩車両センターの70系50番台と10系1000番台が乗り入れる。

永京東西電鉄車両

>>永京東西電鉄

津喜まで直通(ラッシュ時のみ)


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年12月09日