両得本線(永京都内)

倉橋先生が教える

両得本線(永京都内)って、どんな路線

 両得本線を代表する路線である両得本線。特に業平~両得幕沼間は複々線(高谷~東兵庫間は4複線)で列車の本数が特に多い区間です。複々線区間の開始が業平からなのは、予算の都合とのこと。津喜まで複々線にする構想もあります。この複々線のおかげで急行が減速せず快走することができるのです。

 上谷~深芝間は1955年に開業した区間で、地下区間です。かつては駅が狭く暗いことで知られていましたが、2000年代の駅拡張やリニューアルにより「明るくてきれい」な駅に生まれ変わっています。特に深芝は永京を代表する観光地で、世界的にも知られていることからリニューアルにも気合が入っています。

 業平はNTR永京環状線などと接続するターミナル駅で、来戸本線の電車がこの駅から上谷に乗り入れることもあります。利用客の割には駅が狭く、現在拡張工事が進められています。業平の特徴は2000年代以降副都心として大規模開発が進められていることで、それまで下町風情が強く残っていたこの一帯もすっかりビルばかりになってしまいました。

 駅の南側には永京第二電波塔(高さ700m)が建っており、大きなシンボルとなっています。永京都内の中で最も変化を遂げた街とされる業平。いま永京都内で最も勢いがあると言われています。

 次の文花は業平の再開発に取り残されたため、再開発以前の下町風情が今も残っているエリアです。近年は深芝に次ぐ観光スポットとして知られるようになり、「下町文化」を今も感じることができます。この駅から仙井戸線が分岐していますが、仙井戸線のローカル線感も相まってこの駅の佇まいを好む人は多いようです。

 川井駅はNTR両武線との乗換駅。かつてはこの駅から両武線へと乗り換える人が多数いましたが、地下鉄服部線開業や業平の再開発により以前ほど乗り換える人はいなくなりました。地上に駅がありますが、高架化しようとしても上を両武線が走っているので計画が進んでいません。そのため駅周辺の踏切は「開かずの踏切」として評判が悪いです。

 カーブして地下鉄服部線が海側に見えると、小松原です。周辺はマンションが多く、地下鉄服部線も通ることから人気のエリアです。この小松原からは高架区間が続きます。

 二之江から本塩までは高さが低い建物が多いエリア。築50年近くが経過する建物が多く、空き家問題に悩まされています。浦椿線との乗換駅の満江では再開発が行われ、マンションが増えてきました。満江駅に隣接する「満江タワー」は、周辺住民の憩いの場。知名度は高くありませんが、隠れた名所として知られています。

 永京都内の区間は篠沼が最後。川を渡ると津喜県です。

停車駅一覧と日中ダイヤ表


活躍する電車

両得本線の電車

両得本線の電車たち

30系500番台と10系100番台の一部編成(窓下が白帯のみ)は2階建て定員制自由席車両組み込み(3月9日までは普通自由席扱い)

古林線直通電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年06月09日