仙豊支社の路線2

秦備線

多古~秦備

・本来は仙豊本線になる予定だった。

・秦備から追川までトンネルを掘る計画があったが、計画変更により支線に。

・運行本数は15分に1本。田舎にしては多いが多古で乗り換えなければならない。少し不便。

冨里線

冨里~夏実


関八本線

関戸~夏見~比企~名木~保志~栄諸~守之荘~八田山

・「保志行き」

・↑保志より関戸側の人が嫌うあの保志行き。

・保志は車庫があるから折り返しやすいのと、利用客が保志以降減っていくからという事情がある。

保志線

・畑と森の中ばかり走る。でも駅周辺は住宅地。

・2両編成が20分おきに走るのどかな路線。


澄川線

澄川~守之荘

・関八本線の弟的存在。

・澄川はNTR線との接続駅だが、駅前は寂しい……

・↑八田山都市圏の場合、たいてい行き先でよく見る駅の前って寂しい感じするよね。

・え、ショッピングセンターある澄川のどこが寂しいの??

追川線

追川~登恋

・秦備線同様、本来仙豊本線の一部になる予定だった。

・日中は仙豊本線の各駅停車が直通。15分間隔で電車が走るので割と利便性が高い。

・兄弟路線といえる秦備線に比べて利便性が高い。


入方線

八田山~将軍野~入方

・将軍野行きを見るたびに「どんなところなんだろう」と思うけど、お城があるわけではなかった。

・将軍野は戦が行われた場所なだけで、お城があったわけではないからな……

・将軍野から先は山を越えて海へ。なんか小説の舞台になりそうな路線。

・将軍野までは住宅が続くだけなんだけどね。将軍野から先が変化に富んでいて面白い。

北八線

登恋~山本

・なんか中途半端な路線よね。

・中途半端というか、郊外の端っこを走っているから本数も利用客も少ない。

・日中は20分間隔で運行されているが、それでもそれなりに利用客がいるのは八田山都市圏の郊外だからなのだろう。


轟線

八田山~仁河原~轟

・「将軍野」行き並みにかっこいい「轟」行き。

・轟ってさ、将軍野と大して変わらない街じゃない??

・特定のコンビニが多いよね。どこ行ってもあのコンビニしかない。

・将軍野と違って終点だから先がない

・↑NTR線が続いているじゃん。

・仁河原過ぎたあたりから田舎になるよね。

・ぶっちゃけ、轟より弁天沢の方が栄えているよね。

・↑弁天沢はNTRが4方向から乗り入れているからな。

弁天沢線

仁河原~弁天沢

・ネーミングを除けば轟線(仁河原以西)より存在感がある。

・弁天沢、高校が多いから街が若々しい感じするよね。具体的に言うと若者向けの店が多いとかさ。

松波線

・路線が短くて地味。

・区間列車ばかりなのもまた地味。


外之瀬線

電鉄八田山~松波~高園~庫門~松社~中潟

・松波までは都会。高園までは郊外。そこから先は田舎。

・高園までは線形が良いから凄い飛ばすよね。

・カーブがないからとにかく速い。欲を言えば樽作直通を増やしてほしいな。

・快速急行、現状だと赤観まで行くけど中潟発着にしてほしい。

・↑中潟発着は本数多いし、快速急行は本数少ない赤観方面の利便性を高くするための列車なのでは??

・松社では1時間に1回特急が切り離しするけど、昼は大体親子連れが見ている気がする。

・やっぱり切り離しはテンション上がるよね。でもさ、都会の駅とかでやられると徐行運転がウザくてしょうがねぇなぁ。


水野線

松波~樽作~久方~水野~優方

・鉄道がかつて通っていなかった久方の人が作った鉄道。

・「こんなとこまで両得電鉄なの??」って思うよね。こんなとこって言ったら失礼だけど。

・優方はかつて海水浴場が栄えていたけど今は……

・なんか水野~優方はひっそりとしているよね。

・樽作~八田山間は松波経由でNTRよりも遠回りな気がするけど、外之瀬線の線形が良いから仙豊電車の方が速かったりする。

・↑仙豊電車なんていう言い方するの??

・↑アナウンスでも「仙豊電車」って言うし、結構定着していると思う。

赤観線

松杜~赤観

・遠くに海が見える区間がある。

・あれは眺め良いよな。本数少ないけど。

・赤観に来ると「遠くに来たな」って感じがするよね。

・赤観電鉄との乗り入れ話があるけど、電車の長さが違うので計画は進んでいない。


八宮線

電鉄八田山~橋渡~宮之須

・橋渡まではインターアーバンらしい感じがする。

・本数が多くて便利。

・たまに短い電車来るよね。

・一方橋渡~宮之須までは郊外電車らしい感じで、のどか。

・のどかというより閑静な感じかな。

草鳥線

久方~草鳥

・全体的にNTR線に並走しているが、八田山行くなら仙豊電車という認識は定着していると思う。

・NTRは高園まで遠回りするし。

・高校生の利用が多いらしい。

・↑久方って高校多いからな。


永山線

永豊~辺前~肥田~山本

・郊外を走るけど、それなりに利用客が多い。辺前の自動車工場に支えられている??

・自動車工場があるだけあって、自動車普及率が高めの八田山。その中で割と頑張っている路線というイメージがあるな。

・自動車工場が電車通勤を推奨しているのも利用客が多い秘訣なのでは。

新井線

橋渡~永豊~新井

・八田山直通列車も多く、実質的にライバルと言える路線がないので利用客が多い。


八横線

豊庵~辺前~肥田~横渚

・結構本数が多い。

・仙豊支社で唯一、全列車4ドア

↑地下鉄に乗り入れているため。

大水線

肥田~大水

・地味だけど結構便利。

・NTRもなかなか頑張っているけど、本数では仙豊電車にかなわないかなというレベル。



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年03月27日

当ページ公開開始日 2017年12月09日