奈原線

倉橋先生が教える

奈原線って、どんな路線

 奈原線を一言で表すと「静かで海が近い」路線です。奈原駅から電車に数十分乗れば、堀川海岸へ行くことができます。堀川海岸行きの電車は1時間に3本ありますが、30分間隔の普通に加えて快速急行が1時間に1本というダイヤのため、場合によっては30分電車を待たなければなりません。ダイヤ改正での改善が期待されるところです(2018年3月10日ダイヤ改正で日中20分間隔化されました)。

 奈原~野手間は津久茂電鉄からの列車も運行されるので、日中の場合1時間当たり6本が運行されています。津久茂電鉄の列車は20分間隔のパターンダイヤなので、海に行くなら津久茂電鉄に乗る人が多いようです。津久茂電鉄は3両編成または2両で、停車位置に気を付けなければなりません。

 両得の最新型30系も走りますが、その一方で津久茂電鉄からやってくる旧20系や旧50系などの古い電車も走るので、鉄道好きにはたまらないかもしれません。

駅一覧・日中ダイヤ


活躍する電車

両得本線から直通

両得本線直通電車

両得本線から直通、または奈原線内折り返し

・10系1000番台と70系50番台は津久茂電鉄に直通することがある。

津久茂電鉄の電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年07月22日