弾来線

弾来線(たまらいせん)は、仙豊県見旗市の天作駅から記天市、興瀬市を経由して仙豊県弾来市の弾来駅までを結ぶ、両得電鉄の鉄道路線である。

なお、運行系統としては仙豊本線区間(見旗駅~天作駅間)を含めた見旗駅~弾来駅間となっている。

概要

見旗市から海沿いに西へ進み、弾来半島の先端にある弾来駅までを結ぶ路線。弾来駅では関八本線に接続する。

天作~興瀬間は複線区間となっており、列車の本数も比較的多い。ラッシュ時には津喜県津喜市や永京都方面への直通列車も運行され、見旗都市圏だけでなく津喜都市圏へ通勤する利用客もいる。一方、興瀬~弾来間は単線区間となり、運行本数は比較的少ない。この区間から津喜市まで直通する列車はなく、見旗や仁江止まりの電車がメインとなる。

全線が両得電鉄営業規則の定める大都市近郊区間の「八田山近郊区間」、およびIC乗車カードの八田山エリアに含まれている。

路線データ

・管轄:両得電鉄(第一種鉄道事業者)

・軌間:1067mm

・複線区間:天作駅~興瀬駅間

・電化区間:全線(直流1500V)

・閉塞方式:自動閉塞式(複線及び単線)

・保安装置:P-ATS

・最高速度:120km/h

・運転指令所:見旗総合指令室(弾来指令・CTC)

全線が仙豊支社の管轄である。

沿線概況

弾来線の正式な起点は天作であり、見旗駅~弾来駅間は仙豊本線となっている。しかし、弾来線の普通列車は見旗駅を発着するため、両得電鉄の旅客案内やウェブサイトでの乗換案内では、弾来線の(事実上の)起点は見旗駅との案内表記が多い。

見旗~興瀬間は見旗や仁江、津喜などのベッドタウンであり、沿線は住宅地に囲まれている。また、海岸側には工場が多く立ち並んでおり、この工場への通勤需要もある。しかし、近年は工場の規模縮小の影響で、沿線人口が減少。弾来線の利用客も減少傾向にある。その一方、見旗市に近い区間はマンションなどの建設により利用客が増加している。

見旗や津喜都心への通勤・通学利用が多く、ラッシュ時は見旗駅発着の普通列車のほかに、仙豊本線に直通する特急、急行が設定されている。2018年3月のダイヤ改正以降は、津喜支社所属の10系、30系により運行される二階建て車両「プラスカー」の運行も始まっており、長距離利用客に好評だ。

興瀬~弾来間は定期利用者数が減るが、その一方で観光地が沿線に多い。ゾウの動物園、牧場、石切山などの観光スポットや、多数の海水浴場が存在する。1998年までは「夏ダイヤ」と呼ばれる、海水浴客に対応した臨時ダイヤも存在した。この区間の弱点は、海岸沿いを走行するため、風の影響を受けやすいことである。

この区間の沿線人口は少なく、興瀬、弾来市街地以外は集積した市街地が存在しない。そのため、簡易タッチリーダーのみが設置され、自動改札機が設置されていない駅が連続する。運行本数は日中の場合、1時間に2本の普通と1本の特急の合計3本である。

運行形態

普通列車を中心としたダイヤ編成で、ラッシュ時は見旗駅、日中は仙豊本線仁江駅を発着する系統が主体である。津喜方面から直通する列車は、津喜駅~記天間は北萩線、仙豊本線などの各線を経由する。

2019年9月7日更新データ

優等列車

ラッシュ時に津喜始発、日中などに見旗始発の特急「たまらい」が運転されている。見旗駅で仙豊本線の特急「津八特急」に接続しやすいダイヤとなっており、乗換えることで津喜や八田山都市圏へ速くアクセスできる。

地域輸送

普通

普通列車は、日中は主に仁江駅~見旗駅~天作駅~記天駅、仁江駅~見旗駅~天作駅~弾来駅間の列車が運転される。

全線で最大10両編成までの長さに対応しており、日中も全線で10両編成が運行される。ただし、すべての列車が10両ではなく、4両、6両、8両も走る。乗車する際は列車の停車位置に気を付けなければならない。

急行

ラッシュ時のみ運行される。日中は運行されない。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年09月07日

当ページ公開開始日 2018年10月02日