樫葉線

Kashiha Line

樫葉線は津喜県の鎌原大仏と茨原県の米ノ井を結ぶ路線です。かつて衣昇線を建設した「北得鉄道」により敷設されました。

沿線は住宅地となっており、特に鎌原大仏~樫葉間の移動需要が多くなっています。通勤路線としては米ノ井→樫葉方面、樫葉→鎌原大仏方面の需要が多いですが、それほど混雑しません。特に樫葉~鎌原大仏間は日中の利用者こそそれなりにいますが、ラッシュ時は短い区間だけ使う利用者がメイン。利便性が悪いわけではないのですが、都心に直通するわけではないためこのような状態となっているのです。

樫葉線の気になる話題は、何と言っても2019年春に予定されている来戸本線への乗り入れでしょう。来戸本線樫葉~米ノ井間で行われる直通運転に先駆け、2008年からホームの延伸や設備の改良がおこなわれています。樫葉線内は各駅に停車しますが、ダイヤを見直して列車のスタートダッシュを改善。車両の性能を最大限に生かしたダイヤでライバルの常丸鉄道に挑みます。

来戸本線に乗り入れる車両は、両得本線(三城総合車両センター)から10系100番台を転用して確保する予定。10系100番台はすでに来戸本線を走る10系1300番台の姉妹車であり、このほかにも10系1300番台、1360系が使用される予定です。

当面は需要のバランスを考え区間列車も残す予定で、来戸本線への乗り入れがスタートすると樫葉~米ノ井間の運行間隔が日中7分30秒間隔(直通と区間列車交互運転)になります。

地味な存在だった樫葉線がどのように進化するかが楽しみです。

駅一覧・ダイヤ


活躍する電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年06月24日