津喜急行線

路線解説

 

津喜急線(つききゅうせん)は、全線が津喜県内を走る路線で、リヒトモール~富街空港間を結ぶ路線です。

 

もともとは「富街高速線」に並行する在来線として計画されましたが、富街高速線の計画が中止になった現在では、当初富街高速線が担うはずだった空港アクセス輸送も行っています。

 

最高速度は特急に相当する空港列車「翔」が160km/h、通勤電車が120km/hです。なお、160km/h走行可能区間は街道宿~ながえい台間のみ。それ以外の区間は最高速度が130km/hに抑えられています。

 

1990年からは貨物列車の運行が検見浜付近~街道宿間で行われていますが、これは両武本線津喜駅の配線変更がきっかけで行われました。この区間に関しては、両武本線内からの貨物列車が運行されますが、両得電鉄は線路を貸すだけの立場。列車の運転はNTR貨物の乗務員が行います。

 

余談ですが、津喜急線はRD-ATCという保安装置を採用しています。この保安装置は両得電鉄とメーカーが共同開発したものですが、NTR線では使われていません。そのため、津喜急線を通る機関車は津喜急線のためだけの保安装置を搭載しています。

 

貨物列車は他の列車に比べて長く、素早い加速ができません。ラッシュ時になると160km/h運転を行う「翔」も、貨物列車をスムーズに走らせるために徐行運転を余儀なくされます。貨物列車も本数が少なければよいのですが、両武本線は幹線。そのためどうしても貨物列車を減便できません。そのせいで貨物列車の後にくる列車は混雑が激しくなってしまいます。

 

ちなみに、津喜急線はもともとかつての国有鉄道が運行するという話がありました。それでも「津喜急行電鉄」という別の鉄道が運行することになったのは、国有鉄道の財政難や両得電鉄が建設に積極的だったという事情があります。もし国有鉄道による運営が決まっていれば、わざわざ両得電鉄に線路使用料を支払って運行する必要がなかったと考えると、「もう少し考えた方が良かったんじゃないの」と思ってしまいます。

 

運行本数は増加傾向にありますが、ベイコネクト線内の津喜方面列車との間隔や、貨物列車の存在が列車の増発を難しくしています。単純に本数を増やすと、乗り入れるベイコネクト線内では輸送力過剰。さらに、貨物列車のダイヤがかなりシビアなものになってしまいます。また、「翔」から列車を退避させる必要もありますので、意外と両得電鉄で一番ダイヤを考えるのが難しい路線といえるかもしれません。

 

ちなみに、両得電鉄とNTR今北ではダイヤ改正を行う日にちが異なります。2018年3月の場合、両得電鉄が先にダイヤ改正を行い、その後にNTRがダイヤ改正を行いました。この際、両得電鉄の新ダイヤはNTRの貨物旧ダイヤと新ダイヤの両方に合うように設定されました。

 

「同じ日にダイヤ改正すればいいじゃないか」

 

確かにそうなんですが、両得電鉄には両得の事情、NTRにはNTRの事情があります。両得電鉄は私鉄ではありますが、複数の規模が大きい私鉄が合体していますのでそれなりの力を持っています。NTRもかつての国有鉄道線の路線網を引き継いでいますから、NTRにも力があります。

 

津喜急線を通る貨物列車という存在というのは、力がある鉄道同士の意見がぶつかって、お互いに妥協しなければならない列車といえるのかもしれません。

停車駅一覧と日中運行間隔表


活躍する電車

↓一部区間(中沼~街道宿)のみ走行する津電線車両

他の鉄道から乗り入れる電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月29日