浦椿線

Uratsubaki Line

「短いけれど、意外と大事な路線」

 浦椿線は、距離こそ短いですが、津喜県西部を南北に結ぶ貴重な交通網の一つです。この路線が存在しなければ、新浦原~市夜間の移動は不便なものとなっていたでしょう。

 

 起点の新浦原は、テーマパークがある登出にも近い駅。埋め立て地の一角にあり、周辺は大きなマンション、そして住宅地が存在します。ベイコネクト・NTR永津線との乗換駅ではありますが、浦椿線からベイコネクトへ乗り換える客の多くは、津喜方面へ向かいます。永京方面へ向かう人は、浦原で浦原線に乗り換える場合が多いようです。

 

 新浦原の次の主要駅、浦原は、浦原線との乗換駅。古くから漁師町として栄えていた浦原エリアにある駅で、新浦原よりも利用客が多いのが特徴です。浦椿線から浦原線への乗換客、あるいはその逆も多く、津喜県西部の要衝となっています。

 

 浦椿線ホームは地上に設けられています。周辺は渋滞する道路も多く、浦椿線の立体交差化が強く求められています。しかし、地盤が悪いことから地下化には費用が掛かり、高架化も浦原線の線路をさらに越えなければなりません。この問題を解決するのは、少々難題のようです。

 

 浦原の次の主要駅は、満江。この駅は両得本線との乗換駅で、浦椿線主要駅としては唯一永京都に存在する駅です。永京都心へ距離が近く、また、工場跡地の再開発により近年はタワーマンションが多数建設されています。少し前まで開発に勢いがあった東兵庫の次は、この満江が再開発の波にのまれているようです。

 

 満江の次の主要駅は、市屋。古くから別荘地としても知られており、歴史と文化の香りがする駅です。この市屋からは再び津喜県となります。

 

 市屋はNTR両武本線、またその近くを京香電鉄が走っています。それに加え、市屋市内東部からのバスが多数乗り入れ、ラッシュ時でなくても大きく賑わっています。駅前に乗り入れるバスはほとんどが両得バス。両得バスは市屋市内だけでなく、永京都東部、津喜県の市屋から津喜市内エリアなどにも運行範囲を広げています。

 

 市屋の次の主要駅は、終点でありNTR常盤本線、京香電鉄との乗換駅、椿菜です。浦椿線はこの椿菜から永京外環電鉄に乗り入れます。駅は2面4線。折り返し運転も可能な構造ですが、基本的に浦椿線と永京外環電鉄は一体的な運行なので、折り返す列車はほとんどありません。


活躍する電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年08月20日