衣昇線

Kinushyo Line

衣昇線は津喜県の樫葉と見沼県の衣宮を結ぶ路線です。樫葉も衣宮も人口が多い都市であり、特に衣宮は見沼県を代表するターミナル駅です。

路線の中間にある主要駅は、梅川、昇田、北葛、春和田など。梅川では観林線、北葛では鹿原鉄道に接続しており、乗り換えることで都心部へアクセスできます。

衣昇線は郊外のベッドタウンとして多くの住宅が立ち並んでおり、利用客は比較的多い路線です。しかし、都心部への直通列車がないことから、その知名度や利便性はいまいち。一時期は観林線経由で来戸本線に乗り入れる構想もありましたが、所要時間で常丸鉄道に劣ることから計画が具体化していません。

衣昇線は多くの路線と接続していることでも知られています。樫葉では常盤本線、大高では常丸鉄道、梅川では観林線、北葛では鹿原鉄道、そして衣宮では東北道線と北宮電鉄などに乗り換えられます。

都心へ直結していない衣昇線では、この中の一部路線との直通乗り入れ構想があります。津喜県内では先に書いた観林線経由での来戸本線直通がありますが、見沼県内では北葛から鹿原鉄道、衣宮から永浜東北線、北宮電鉄への直通構想があります。

鹿原鉄道との直通乗り入れは、並行路線(鳩坂快速鉄道)や沿線団地の高齢化による利用客減少に悩む鹿原鉄道の増収策として計画されました。衣宮方面、昇田方面どちらにも乗り入れが計画され、昇田方面への乗り入れは直通の効果が高いことから実現に向けた計画が具体化しているようです。

衣宮周辺ではNTR永浜東北線や北宮電鉄への直通構想がありますが、NTR永浜東北線への直通は列車の長さなどの問題があり、現在具体的な計画には至っていません。

一方、北宮電鉄への乗り入れは比較的前向きに計画されており、建設ルートや列車ダイヤの設定などの話し合いが何回か行われているようです。

全線が複線の衣昇線。2006年まで昇田~北葛間に単線区間がありましたが、現在は複線化されています。運行本数は樫葉~昇田間が7分30秒間隔、昇田~北葛間が15分間隔、北葛~衣宮間が10分間隔の普通+快速15分間隔となっています。北葛~衣宮間は本数が多いですが、時間帯によっては空気輸送気味なことも。とはいえ、見沼県東部や津喜県北部から衣宮へ向かう人々には重宝されているようです。

直通乗り入れ計画とは直接関係無い話になりますが、鹿原鉄道のライバルである鳩坂快速鉄道はかつて春和田まで延伸する予定でした。この鹿原快速鉄道が延伸されていれば、衣昇線の強いライバルとなっていたことは間違いありません。一部ではこの鳩坂快速との乗り入れ話もあったようですが、そもそも鳩坂快速の延伸が中止された現在、それらの話は過去の話として扱われています。

データ


活躍する電車

・車両は樫葉線・観林線と同じ車両が共通で使用される。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年06月24日

当ページ公開開始日 2017年11月04日