観林線

みりん せん 全区間衣宮支社のエリア

倉橋先生が教える

観林線って、どんな路線

 観林線を一言で表すと、「郊外と都心の架け橋」です。途中の観林駅では京香電鉄に接続しており、多くの乗客が乗り換えます。そのため、起点の蔵元~観林間と観林~梅川間では混雑具合が異なります。蔵元~観林間は線路が単線であることもあり、衣昇線からの列車の中には観林で折り返す列車が多数存在しています。

 単線区間の蔵元~観林間はラッシュ時、日中ともに概ね10分間隔で運行していますが、線路と家の距離が近かったり、ホームがこじんまりとしていたりするので「都心に最も近いローカル線」と言われます。ローカル線の割には6両編成と列車の長さが長かったりしますが、ローカル線と言われるのはあまり混雑しなかったり、単線だったりするからなのかもしれません。

活躍する電車

・車両は衣昇線・樫葉線と同じ車両。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年02月28日

当ページ開設日 2017年11月4日