遠青線

Toao Line

遠青線は遠山原県の朝湊と那奈川を結ぶ路線です。途中の主要駅は自衛隊基地がある椿森、工業の街として知られる青崎などがあり、全線を通して利用客が多い路線となっています。

特に利用客が多いのは青崎~遠山原間。青崎市は人口95万人の工業都市で、製鉄所、火力発電所などがあります。近年は工場の規模縮小などにより利用客は減少していますが、それでも青崎を通るというアドバンテージは、NTRに対抗するうえで重要な要素となっています。

ちなみに、青崎にNTRが通っていないということは、青崎にある石油コンビナートにタンク車で石油を運べないということ。そのため、青崎臨海鉄道を通って運ばれてきたタンク車は、青崎~朝湊間で遠青線を通り、朝湊でNTR輸送に引き渡されるのです。この流れは永京方面であっても遠山原方面であっても同じで、遠山原方面への運行の場合はかなり遠回りをすることになってしまいます。

けん引する機関車はNTR所属の機関車や、両得電鉄所属の機関車。機関車を運転できるのは選ばれたメンバーのみで、人員のやりくりに少し苦労するところです。

車両は80系0番台が主力。ラッシュ時に少し運行される特急にはRE系が用いられます。決して不便なわけではないのですが、「新車入れてくれないかな」というのは遠青線沿線の鉄道好きの一言。遠青線に限らず、得原支社にはなかなか新車が導入されません……

車両


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年07月10日

当ページ公開開始日 2018年06月24日