両得10系(2006年度以前車)

先頭車側面形態


 「10系」と呼ばれる車両はこれだけの種類がある。同じ車体でもラインカラーなどが異なる場合があるので、細かい違いを含めると種類はもっと増える。

さらなる標準化へ

 1990年代前半頃まで、両得では車両設計を独自に行ってきた。しかし、1997年に登場した8050番台以降はNTR今北の車両と一部設計を共通化しており、イニシャル・ランニングコストとメンテナンスコストを削減するようになった。

 この8050番台で取り入れられた設計思想をさらに推し進め、ほとんどNTR今北の車両と共通設計にしたのが10系である。

 10系最大の特徴は、NTR今北で採用されたシステムを元に一部アレンジした「RIMS」という車両情報管理システムの導入であろう。このシステムは速度制御から自動放送、空調のほか、パンタグラフの上げ下げまで行うことができるシステムであり、従来設置されていた配線を削減することができる。そのため、車体の軽量化に貢献するうえ、メンテナンスフリー化も実現することができた。

 一方車体は、基本的な部分を8050番台と共通としているが、窓枠配置を変更し従来と比較して窓枠が気にならないよう配慮されたデザインに変更された。また、前面デザインも変更され、丸形のライトを用いたデザインとなり印象が変わっている。

10系900番台

 10系900番台は、10系0番台の量産車搭乗前に導入された試作車両。登場時は「80系900番台」という名前だった。

 試作車ではあるが、基本的なシステムは10系0番台と変わらない。ただし、制御装置のメーカーが一部異なる他、つり革の形状が三角形ではあるが80系に準じた角ばっているタイプであるなど、細かい違いがある。

 2002年に登場し、10系に編入されたのは2004年である。他の両得本線用10系0番台と同様、2010年頃にデザイン変更(前面部分水色化)されたが、2018年11月11日時点では機器更新されずに活躍中だ。

導入ラッシュ


 100番台がデビューしたのは20032月のこと。その後、第二編成は200310月にデビューしたのだが、第二編成のデビュー以降2006年まで怒涛の導入ラッシュが続くこととなる。これは地下鉄広鐘線のATC化(保安装置更新)に対応するための処置で、この際、ATC化に対応していない20系を置き換え、さらに両得本線・ベイコネクトの50系も置き換えることとなったのが理由だ。

 0番台は三城総合車両センターに集中導入された。2002年まで導入された80系50番台とほぼ同じペースで導入が進められ、三城総合車両センターに2006年までに10両編成62編成が配置されている。2004年以降に導入された編成(62編成中54編成)は、LCDをドア上に二画面搭載。デジタルサイネージの搭載により、動画広告を表示できるようになった。

 2004年からは仙豊支社管内の路線、横八線にも導入されている。横八線に導入された編成は全編成が6両で、従来活躍していた車両を2006年までに置き換えている。仕様は他の0番台2004年以降導入編成と変わらない。

 6ドア車は10両編成のみに連結。2020年までに置き換えられる予定で、80系50番台の中間車転用や新製中間車により置き換えが進んでいる。2013年に80系50番台で置き換えられた6ドア車が24両、2015年から2018年度までに新製中間車で置き換えられた6ドア車が25両あり、それらはすべて廃車解体された。現在は13両が残存しているが、これらは2020年春までにすべて置き換えられる予定(2019年度は10系100番台の中間車を転用して置き換える)。

 仙豊支社にも0番台は導入された。主に八田山市営地下鉄大水線への直通運転で使われている。

メモ

・電動車は、10両編成の場合2、3、5、8、9号車。8両編成の場合2、3号車と6、7号車である。

・6ドア車は、6号車に連結されている。

10系(2006年以前車)のデータ

登場年

2003年(0番台)

2003年(4000番台)

製造

津喜重工業・仙豊車輛製作所(現 津喜製作所) 鳥豊車輛(4000番台のみ)・永京車両

最高速度 120km/h
加速度 3.3km/h/s (設定により2.5km/h/s)
常用最大減速度 4.5km/h/s
非常減速度 5.0km/h/s

※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年05月02日