80系「R&B」

 「R&B」は「電車と自転車の融合」をテーマに、2018年3月10日ダイヤ改正でデビューした6両編成の電車です。この車両は既存の通勤電車を改造し、車内に自転車を載せられるようにしました。また、車両デザインを変更し、他の電車と一目で区別できるようになっています。

この車両が開発された経緯

 両得電鉄では遠山原県内や南郷得(津喜県南部)、仙豊エリアに向けて2013年よりサイクルトレインを運行してきました。このサイクルトレインは通常の通勤電車を用いた団体電車として運行されていましたが、年々利用客が増加しており、専用の車両が求められるようになりました。

R&Bの特徴

 2013年から2016年まで運行されていたサイクルトレインの利用者の意見を反映した設計となっており、車内には自転車固定ラックを設置したり、滑りにくいゴム床材を採用したりしています。自転車固定ラックは電車特有の揺れに耐えられるほか、緊急停車しても自転車が倒れないような設計となっており、サイクリストの目線で見ても優れた設計です。

 車体デザインはイエローをベースカラーとしたデザイン。アクセントとしてドア部分などをブラックにしています。また、ドアは車内からの眺望に配慮し、「黒ドア」と呼ばれる通常の窓の下にも窓を設けたドアに交換されています。座席に座ってしまうとあまりドアを見ないものですが、気分転換に電車内を移動すると、その眺めの良さが特別感を演出します。

 座席は二人掛けシートが向かい合っているボックス席の他、遠山原の海を一望できるよう、海側を向いた座席「海シート」があります。「海シート」はもともとドアがあった部分に設置されたシートで、他の箇所よりも大型の窓が設置されています。

R&Bの運行区間

 R&Bは仙井戸駅と遠山原県内を結びます。その運行ルートは週によって異なり、上谷~園生ルート、上谷~朝湊経由遠山原ルート、上谷~神崎経由奉典神宮ルートなどがあります。最初は利用率が低迷しましたが、現在は人気が高まってきており、2019年3月16日ダイヤ改正ではR&B第二編成が登場。遠山原県内だけでなく津喜、仙豊県内方面への運行もスタートしました。

 起点が上谷駅や永京駅ではなく仙井戸線仙井戸駅なのは、自転車の積み込み時間に余裕を持たせるためです。仙井戸線は都心に近い割に利用客が少なく、長時間停車しても他の電車に影響が出ません。

 津喜、仙豊県内方面へは、永京~津久茂電鉄直通澪上ルート、永京~仁江ルート、永京~仙豊山口ルートなどが運行されています。

R&Bに改造された通勤電車「80系50番台」

 R&Bは「80系50番台」をベースに改造されています。第一編成も第二編成も浦椿線(現:外環ライン)で使われていた車両で、2016年に得原支社管内に転属してきました。その後得原本線(現:遠山原線)で一時的に使用されていましたが、第一編成は2017年、第二編成は2018年にR&B仕様に改造されています。

 R&B第一編成は得原支社管内をメインに運行されるため、得原支社所属です。一方第二編成は津喜支社管内などをメインに運行されるため、津喜支社仁江車両センター所属となっています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年04月20日

当ページ公開開始日 2019年04月20日