ME系

津八特急・仙豊支社管内仕様

来戸本線仕様

汎用性が高い特急

 ME系は2017年12月23日にデビューした。最初に導入されたのは緑系の塗装である0番台。この0番台は永京~八田山間で運行される「津八特急」用の車両として導入された。この津八特急は従来90系により運行されていたが、運行区間延伸のため車両不足となることから、不足分をME系の導入で補っている。2019年現在は90系(赤色塗装)とともに活躍中だ。

 一方、白い車体にオレンジ色の帯が入ったデザインの100番台は、基本的な設計こそ0番台と同様であるが、2019年3月16日に全線直流化された来戸本線向けの車両となっている。この車両は2019年3月16日に登場し、それまで活躍していた旧型特急車両(交直流車)を一気に置き換えている。

 車体はRE系の設計をベースとしているが、前面デザインの変更や制御装置の変更(SiC-VVVFインバータ化)を行っている。消費電力量はRE系よりも低く抑えられており、今後津八特急や来戸本線以外への導入も検討されている。

 臨時電車にも何回か用いられており、普段は入線しない遠山原線や得原支社管内の路線、また仙豊支社管内のローカル線への運用経験がある。

 性能は最高速度130km\h、加速度2.5km/h/sとされている。RE系やN20系に比べると最高速度が低いが、これはME系が運行される区間の最高速度に車両性能を合わせたからである。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年05月11日

当ページ公開開始日 2018年01月13日