RC1系

 2019年11月30日に遠山原特急線と遠山原線木滝神宮~遠山原間で運行される「高速急行」に投入予定の新型車両。走行機器の一部にRE系で採用されている物を使用し、最高速度160km/hでの運行が可能。2019年度中までに10両編成11本が導入される。

 なお、高速急行はラッシュ時、日中ともに30分間隔での運行を予定。上谷~古林間は通勤電車の場合、従来35~40分程度の時間がかかっていたが、これを20分程度に短縮する予定だ。また、上谷~古林間は15分間隔で高速急行が運行される予定。ちなみに、形式名「RC1」は、「Ryotoku Commuter type 1」を略したものである。

 30系をベースに設計されており、車内のデザインは30系と変わらない。デジタルサイネージがドア上だけでなく窓上にも設置されている点や、各車両にフリースペースが設けられているのも同様である。また、座席は全席ロングシート。クロスシートやロング・クロス転換座席にする案もあったようだが、ラッシュ時に混雑することが考えられたため、見送られた。遠山原側の先頭車にはトイレが設けられている。

 電動車には騒音対策のため、床下カバーが取り付けられている。

余談

車体の紺色は旧30系の紺色をベースに多少色味を変えた。塗装ではなくラッピングしており、2~4年ごとにはりかえるという。ラッピングの耐用年数は今回の場合、4年~5年だという。

ラッピングのメリットは塗装設備がなくても貼り付け作業ができるということであるが、貼り付け作業は熟練の技術を要する難しい作業。10両編成を全部ラッピングするとなると、フルラッピング(車体全体へのラッピング)の場合2日程度かかる。

幸いなことに、RC1系が所属する予定の草深総合車両センターにはラッピング貼り付けを高頻度で行っているチームがある。このチームはラッピング車の運行が盛んな津古線のラッピングを主に手掛けるが、その技術をRC1系でも生かすことになる。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年08月26日

当ページ公開開始日 2018年11月19日