なぜ鉄道統合が(空想世界で)流行ったか

空想世界における国と県は、鉄道の統合を行うことで運行やメンテナンスの効率化、運賃制度の統一ができるとして、2008年以降推奨し続けている。かつて戦時体制が色濃かった時代に施工された「陸上交通事業調整法」も活用されているという。

 

津喜県と両得電鉄はこの鉄道統合に積極的であり、来戸急行電鉄、津喜電鉄、津喜急行電鉄などを統合した。一方、反対する社員によるストライキも発生してしまった。

 

両得電鉄は「現時点では新たな統合計画が存在しない」としている。

 

ちなみに、鉄道統合ではないが2018年3月には永京地下鉄永京~日向道場間が両得電鉄に移管されている。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年05月13日

当ページ公開開始日 2017年01月13日