※旧設定

なぜ仁江方面の電車はセミクロスシート車を連結しているのか

30系500番台の登場により、永京方面の列車もセミクロスシート車で運行されるようになりました。しかし、それより前は北萩・仁江方面(と奈原方面)の一部列車にしかセミクロスシート車が連結されていませんでした。

では、なぜ北萩・仁江方面の列車には、元からセミクロスシート車が連結されていたのでしょうか。

 

理由その1 「乗車時間」

仁江方面の列車は長距離を走ります。中には仙豊県八田山へ向かう列車もあります。ですから、できるだけ多くの人が座れるようにセミクロスシート車を連結した列車を走らせているのです。

 

理由その2 「混雑率」

仁江方面の列車は永京方面の列車に比べて混雑しません。そのため、セミクロスシート車を連結するだけの余裕があったのです。永京方面にもセミクロスシート車が登場したのは、両得幕沼~津喜間の設備改良により、本数を多少増やすことができたという事情があります。

 

両得幕沼~津喜間の設備改良については、こちらをクリック


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年06月24日