2階建て車両がデビュー

両得電鉄では、津古線に着席サービス提供を行うためロング・クロス転換座席を搭載した車両を導入している。両得本線やベイコネクトでも10系100番台に同様の車両を連結しているが、ロング・クロス転換座席車両は座席数が通常の車両より少ない。

両得本線に導入された30系500番台では、座席数を増やすために2階建て車両を連結している。2階建て車両はNTR線などで運行されている車両をベースに設計されたが、地下区間でも走れるよう車両のサイズを一部見直した。NTRの2階建て車両に比べると、2階部分の幅や通路幅などが狭いが、座席数は同じである。

2階建て車両は3月10日ダイヤ改正以降、両得本線などを中心に運行される予定。2018年度も導入を行い、2019年春には古林線などでも運行を開始する予定。また、2019年度から来戸本線でも運行を開始することが発表されている。

30系500番台の増備だけでなく、10系100番台に連結するための2階建て車両も導入し数を増やしていく。

今回導入された2階建て車両を連結する「30系500番台」(両得電鉄提供)

2階建て車両を連結した編成は、窓の下の帯を白色のみとしており、見分けやすいようになっている。

「プラスカー」という愛称が設定されており、アナウンスや駅の案内ではこの愛称が使われている。

「定員制自由席」という扱いであり、乗車する際は乗る列車と区間を指定しなければならない。一方、乗車してからどの席に座るかは自由だ。着席定員を上回らないようにシステムがプログラムされているため、座れないという事態は発生しない。

この制度は、NTR今北の一部特急列車で行われている「座席未指定券」の制度に似ているが、列車を指定しなければならない点が異なる。列車を指定せずにプラスカーに乗車できるようにすることも検討されているようだが、利便性よりも必ず座れることを重視しているようだ。

なぜ地下区間にも2階建て車が入線できる??

地下鉄広鐘線は、他の地下鉄に比べて架線の高さが高くなっている。これは建設する際、車体の横幅は地下鉄規格、架線の高さは標準規格に準じた規格で建設されたからだ。

横幅は地下鉄規格であるため、2階建て車両とはいえ拡幅車体にすることは不可能。そのようなこともあり、全国でもあまり例がないストレート車体で二階建てという車両設計になった。

なお、地下鉄民谷線や蓮庭線は横幅も架線高さも地下鉄規格で建設されており、二階建て車両が入線することは不可能である。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月13日

当ページ公開開始日 2018年02月14日