沿線の都市紹介

永京

空想世界での首都。現実世界の東京に相当。

津喜

人口400万人以上。津喜県の県庁所在地で、一部首都機能が移転している。

古林

永京・津喜のベッドタウン。人口約100万人の都市。

北萩

人口60万人程度の都市。工業都市として栄えており、沿岸部には工場が多数建ち並んでいる。

仁江

津喜県の都市であるが、岸宮や見旗など仙豊県内にある都市の影響を強く受けている。現実世界の小田原ぐらいの規模。

岸宮

見旗都市圏を形成する都市であるが、見旗へのライバル意識が強い。仙豊県の玄関口として栄えている。

見旗

人口約100万人の都市で、「見旗都市圏」の中心都市。現実世界の千葉市に近い規模。


春望

内陸部にある都市で、かつては有名な武将が拠点としていた街である。中心部には馬込城があり、人口も結構多い。

八田山

現実世界の名古屋並みの規模を誇る都市で、仙豊県の県庁所在地。市営交通が発達しており、利便性が高い。

樽作

八田山のベッドタウンであり、人口も多い。

関戸

人口120万人の大都市であり、八田山への対抗意識が強い。八田山のベッドタウンでもあるが、独自の都市圏「成沼都市圏」の中心都市でもある。

宮之須

鳥豊島への港町として栄えている街。現在は八田山のベッドタウンとして栄えており、空港も近く利便性が高い。

木滝神宮

古くから多くの参拝客が訪れる「木滝神宮」が中心部にある都市。南部には工業団地が存在する。

遠山原

人口200万人程度の街。永京から最も近い地方都市と言われているが、高速線が建設されず、永京へのアクセスは特急に頼らざるを得ない。

永京~遠山原間の特急は日中でも15分間隔で運行されており、両得電鉄の看板列車と言えるだろう。

青崎

八田山の南にある都市で、人口も多い。そのため、遠山原との間は本数が多い。

 



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年03月10日

当ページ開設日 2017年10月19日