北萩線

きたはぎせん

 北萩線は、鹿居と中堀を結ぶ路線です。かつては津喜が起点でしたが、津喜~鹿居間は2019年3月16日ダイヤ改正で八田山線の区間となりました。

 人口450万人程度??の津喜市と工業都市として栄えている人口60万人程度の北萩市を結びます。かつては非常に重要度が高い路線で、各駅停車10分間隔、急行15分間隔、そして特急が運行されていました。現在は永京湾を横断する道路や鉄道(空港郷得ライン)ができたことにより、対都心間の移動の主流はそちらに移ってしまいました。2019年3月16日ダイヤ改正では特急がさらに減便され、かつては永京直通電車も運行されていた急行も、日中に関しては津喜止まりとなってしまいました。

 ライバルは全線に渡って近くを走るNTR内郷線。津喜~北萩間の輸送は、この内郷線と北萩線が担っているわけです。しかし、乗客がそれぞれに分散してしまって、乗客の数がそれほど多くないというのが悩み。田舎のローカル線に比べたら遙かに多いのですが、日中一時間あたり急行2本、各駅停車8本という本数に見合わないのです。減便するにしても、ライバルの内郷線に客が流失してしまう恐れがあることから、なかなかできません。

データ


電車

両得本線直通電車

両得本線に乗り入れる電車

他の鉄道の車両

永京地下鉄、NTR今北、雪松急行電鉄の車両は、2018年3月10日から当路線での運行を開始しています。

2019年3月10日ダイヤ改正以降は、朝夕ラッシュ時のみの運行となっています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年11月29日