浦原線

倉橋先生が教える

浦原線って、どんな路線

 浦原線を一言で表すと「便利な大動脈」です。特に日向道場から高谷の間は複々線(線路が片側2線)となっているので、急行が減速して再加速…… というようなこともなく、スムーズに走ります。その最高速度は急行・快速急行で120km/h、特急はなんと130km/hです。

 すべての駅にホームドアが設置されているほか、駅やトイレのリニューアルが進み、今まで以上に綺麗になっています。本数も多く、特に急行は1時間当たり10本もあります。各駅停車も7~8分間隔で、急行通過駅でも高い利便性が確保されています。

 とはいえ、最大の魅力は永京中心部へのアクセスが便利という事でしょう。地下鉄広鐘線と永楽町線に直通しており、沿線にはたくさんのマンションが建っています。難点は、川に挟まれていたり、地盤がよくなかったりすることでしょうか。

 鉄道好きには、沢山の電車が走る路線として知られています。細かい違いも含めると30種類近く(2017年10月現在)の電車が走り、時には並走することもあるので、人気が高いです。

停車駅一覧と日中ダイヤ表


活躍する電車

両得本線の電車

両得本線の電車たち

古林線の電車

津喜急線直通電車は、2018年3月9日深夜に運行を終了いたしました。

他の鉄道から直通する電車


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年04月19日