1360系と2340系

当ページで公開されている画像は「来戸本線」のページ内でも公開しております。


1360系

21世紀の主力車両を

 来戸急行電鉄の車両は、伝統的に3ドアで製造されてきました。しかし、沿線人口の増加にともなって、乗降時間がかかることが問題になってしまいます。そこで、ドア数を4ドアに増やしてスムーズな乗降を可能としたのが1360系です。

 1360系は「21世紀標準」をテーマに開発が進められ、1993年に登場しました。車体は来戸急行電鉄で初めてのステンレス車体。車内はクロスシートを一切なくしたオールロングシートとなっています。

 当初は1991年にデビューした2340系をメインに導入する予定だったので、あまり導入されない予定でした。しかし、混雑が激しい直流区間の混雑緩和のため計画が変更。結果的に当初予定よりも導入本数が多くなっています。ちなみに、1996年からは外国製のVVVFインバータ制御装置を採用しました。

 2008年からは更新工事がスタート。この更新工事では車内のドア上にLCD(17インチ)を二画面設置し、旅客案内の詳細化とデジタルサイネージの表示を可能としました。機器更新も行われており、VVVFインバータ制御装置はIGBT素子を用いたものとなっています。2360系のVVVFインバータを製造したメーカーの装置が採用されているため、2360系のような加減速音になりました。この更新工事は2014年までに完了しています。

 

2340系

1360系を交直流仕様に

 1991年にデビューした2340系は、見た目こそ1360系の色違いですが交直流専用車となっています。当時は交直流車の比率を増やす予定だったため、ドア上のLED案内表示機などが設置されました。また。一部車両はセミクロスシート配置となっており、長距離の乗車に配慮されています。

 登場時は8両編成でしたが、1993年から10両編成化されました。デビュー時の計画では、2階建て車両を連結する予定だったようです。しかしこの計画は地下区間の建築限界が対応していないことから没案になってしまいました……

 2010年からは更新工事が開始されています。ただし、一部装置(VVVFインバータなど)のみの更新となりました。2360系と同じメーカーの装置が採用されたため、加減速音が2360系とほぼ同じ音になっています。2016年までにすべての編成が更新され、未更新車を見ることはできなくなりました。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年05月03日

当ページ公開開始日 2017年10月13日