20系

電車はどれも一緒でしょ??

 私の友人が、そうつぶやいた。だが、電車はどれも一緒じゃない。高度成長期の両得電鉄を支えた電車、20系と50系は見た目が同じでも用途が微妙に違う。後にこの違いが両得電鉄を苦しめたのだが、その前に20系が登場した経緯を説明する。

 20系が登場したのは1963年のこと。当時は全体的に鉄道利用者が増加しており、ラッシュ時の混雑に悩まされていた。1956年に登場した高性能電車6200形は、地下鉄直通に備えて18mの車体とした。当時の両得電鉄としては大きい車体だったが、それでも混雑に対応できなくなっていたので、20系では車体の長さを20mに伸ばした。

 よく「『20系』という形式名は、長さが『20m』であることにちなんでいる」という話を聞く。しかし、これは1960年に登場した特急電車「10系」の次に開発された電車であるからに過ぎない。

 20系の特徴は、長さが20mの車体だけではない。片側のドアを4ヶ所に設けたのも特徴であろう。1940年代に国から払い下げられた車両で同様の車両が存在していたが、20系ではドアを両開きとしてよりスムーズな乗降を可能とした。この設計は混雑緩和に大きな効果をもたらし、後に登場する50系などの通勤電車にも受け継がれている。

 車体は「電車は軽ければ軽いだけ素晴らしい」という当時車両部長を務めていた武田茂雄の思想が反映されている。そのため連結部分の窓を一部廃止したり、当時開発が進められていた軽量電車の設計が取り入れられている。一方、戸袋窓を残したり、座面の奥行きを広げるなどのこだわりも見せた。

 性能は地下鉄広鐘線への直通に対応するため、最高速度100km/h、加速度3.3km/hとされている。地下鉄広鐘線との相互直通乗り入れは1967年に開始されたが、1978年までは全ての地下鉄直通電車が20系により運行されていた。

古い方が便利なこともある

 20系は超多段抵抗制御装置を採用しており、当時の車両としてはとても滑らかな加速となっているのが特徴である。一方、車内の案内表示機が無かったり、ドアの開閉音がうるさかったりなど今の車両に劣る部分も多い。だが、30系などの最新型車両に比べて「便利」なこともある。それは「編成組み換えが安易」ということだ。

 20系は4両編成を2編成連結した8両編成で運行することを主に想定している。20系は全車電動車で1C6M制御。4両編成の場合、台車が8つでそのうち6つの台車がモーター付きとなる。この方式は1両編成に対応していないが、そもそも1両編成で運行することがないと判断されたため採用された。

 この1C6M制御を採用したことにより、2両単位での編成組み換えが安易になった。同じ8両編成でも単純に4両編成を連結しただけではなく、以下のような変則編成も存在したようだ。

  20系の中でも「伝説」と呼ばれる編成は、以下のような編成である。

 上の画像の編成は、1980年代に何回か運行されていた。左が上谷側となっている。この編成の5号車と6号車は2両編成で運行できるようになっており、上谷側の先頭台車が電動台車である点が通常の先頭車と異なっている。

  20系ではすべての車両にモーターが搭載されているため、コストが高いという問題もあった。50系は加速性能を多少犠牲にすることによりモーター搭載車両を削減したが、20系は地下鉄に対応しなければならないため削減不可だった。

時代遅れ

 20系が登場して24年が経過した1988年。新たな通勤電車80系がデビュー。この80系の登場により、20系は「時代遅れ」な通勤電車となった。単純に見た目が時代遅れになっただけでなく、「性能」的にも時代遅れな電車になってしまったのである。

 地下鉄直通電車の主力として長年活躍してきた20系は、両得電鉄線内ではその加速性能が無駄とされることもあった。また、もう一つの主力通勤電車である50系と連結ができないことも問題点だった。80系は20系の運用にも50系の運用にも対応した汎用通勤電車として開発されており、地下鉄直通電車はこの80系で置き換えられることになった。

 1990年から廃車が始まったが、中間車の一部は先頭車に改造されて得原支社に転属した。1999年には仙豊鉄道が両得電鉄と合併し仙豊支社が誕生したが、この年から早速仙豊支社への転属車両も登場している。転属先での評判は「トイレがない」「ほかの形式との連結ができない」「ドア位置が異なる」などあまり良いものではなかったようだが、新型車両や他の転属車両までの「つなぎ」として活躍していた。

 2010年には北萩線から引退。その後、2013年には仙豊支社から引退し定期運用が消滅した。しかしその後も臨時専用電車として残されることになり、2017年10月まで8両編成2本が残っていた。

譲渡

 20系は2両編成での運行に対応していたことから、譲渡例が多い。今関地方だけでなく、北陸地方、九州地方、富原地方の鉄道に譲渡された。ただ、ドアが多いので北陸地方での評判は良くなかったようである。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年03月27日