RE系

遠山原特急の新しい顔

 永京(上谷)~遠山原間の特急列車は、1993年から2007年まで90系と60系によって運行されていた。しかし、60系は時速130km/hでの運転に対応していなかったため、新型車両で置き換えることが決まる。

 新型車両は時速130km/hで走行できる性能であるが、それだけでなく乗り心地や車内環境の向上、メンテナンス効率向上も目的に開発された。将来的には他の特急列車としても使えるよう、汎用性を重視した設計となっている。

 RE系のデビューは2008年であるが、この年は永京(上谷)~遠山原間の速達特急列車が最高時速130km/hになった年だった。2014年には通常の特急列車も一部最高速度が130km/hに引き上げられたが、これより前の2013年までに60系50番台は引退している。

その他

2010年からは間合い運用で永京(上谷)~奈原間の両得本線特急でも運用されるようになった。この際の最高速度は120km/hである。また、2017年からは津古線の特急運用でも走るようになっている。

2016年には定期運用ではないが仙豊支社内へ入線。津喜~八田山間の臨時特急として活躍した。

データ

・最高速度:130km/h

・加速度:2.5km/h/s

・常用最大減速度:4.5km/h/s

・非常減速度:5.0km/h/s

・MT比:6M4T(10両編成)

 加速度は通勤電車並みの性能を確保している。また、ブレーキは出来るだけ素早く減速できる方が良いという方針に則り、10系などの通勤電車と同程度の性能とされた。


 ※このページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年03月07日