両得本線編

駅・場所探訪

上谷駅

構造 島式2面4線

 

両得電鉄最大のターミナル駅

 両得本線の起点である上谷駅は、両得電鉄で最大級のターミナル駅である。開業は1955年。駅の開業と同時にオープンした百貨店「両得百貨店上谷店」は、上谷で最大規模の百貨店であり、上谷駅の駅舎も兼ねている。

 2014年に完成した新しい駅舎は、ガラス張りで角がカーブしている近代的な建物。隣接する高層ビル「Kamitani UP」と連絡通路で結ばれており、多くの人でにぎわう人気スポットだ。

 

 NTR上谷駅に隣接する西側の入り口から入ると、開放感ある吹き抜け空間となっていることがわかる。「くつろぎスペース」と呼ばれるベンチが並ぶあたりから改札口を見下ろすと、両得電鉄のイメージカラー「水色」が黒基調のデザインに所々アクセントとして使われているのが見える。

 改札を抜けると、地下2階にあるホームを一望できるスペースがある。改札口と同じく、黒を基調としたデザインにアクセントとして水色が使われていて、剛体架線を支える架線柱も(暗めの)水色に塗られた。一部の架線柱は上部がきれいにカーブしており、芸術的なデザインとなっている。

 

 ホームには最近の駅らしくホームドアが設けられている。このホームドアは2016年に後から設置されたものであるが、両得電鉄では上谷駅でしかお目にかかれないガラス張りのホームドアが設置された。そのため、通常タイプのホームドアより開放感がある。

※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2017年10月19日

当ページ開設日 2017年10月19日