吉塚電鉄

よしづかでんてつ

来戸市近郊などを走る私鉄。通常は2両編成で運行されていますが、ラッシュ時は4両編成も運行されます。

田舎の鉄道ではありますが、沿線の中畑エリアなどに工場を構える茨原製作所との関係が強いことから、ハイテクシステムも導入されています。

独自のICカードとして1997年に導入された「Y-スルー」は、国内(空想電車シリーズの世界)で初めて実用化されたICカード乗車券。しかし、現在はシステムの老朽化により標準ICカードのシステムに置き換えられています。

一方、車両は予算の都合ですこしぼろい電車ばかり。ハイテクな部分と古い部分が混ざっているのが吉塚電鉄の特徴です。



※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年03月09日

当ページ公開開始日 2019年03月09日