水有電鉄

みずありでんてつ

路線解説

水有電鉄は、仙豊電車記天から権文までを結ぶ本線、水有から分岐して中之宮までを結ぶ中之宮線の二路線があります。沿線の人口密度は低めですが、工場がある記天に近い区間は、ラッシュ時には混雑します。また、休日になると中之宮渓谷へのハイキング客が団体で乗ってくることもあります。

車両解説

水有電鉄は様々な鉄道路線で走っていた車両を走らせています。塗装も譲受前のままで走らせており、見ていて楽しい路線でもあります。その一方、車両部品の融通が効かなかったり、車両によって性能が異なり、運転する感覚が異なっていたりして、内部の人たちは苦労しているようです。

最新型車両は2017年に廃止された津喜市電より譲受した1300形。しかし車体の長さや幅が小さく、他の車両より長い4両編成とはいえ不評のようです(水有電鉄は3両編成が標準)。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年02月01日

当ページ公開開始日 2018年09月18日