札幌高速電車の車両

1000系

 1965年に登場した通勤電車。手っ取り早く混雑解消を図るため、車体は永京都市圏同様20m4ドア車体とされた。これは札幌高速電車との関係が深い両得20系の設計に近いものだが、前面部分は非貫通とされた。しかし、1966年に札幌中心部区間を地下路線とすることが決まり、地下区間対応のための非常扉(兼貫通扉)が設けられている。

1500系

 1000系の改良型であり、地下区間が開通した1971年に登場した。

2000系

 1980年に登場。界磁チョッパ制御を採用した。また、同年に開始された4両運転に最適化された機器配置とされており、先頭車は付随車、中間車が電動車という以降の札幌高速電車の車両に続くスタイルが確立されている。

 前面デザインはライトの配置と運転台位置をそのままとしたが、非常扉を前から見て左側に寄せ、窓回りを黒く塗装することにより印象を変えている。

3000系

 1986年に登場。VVVFインバータ制御を試験的に採用した。また、車端部の座席はボックスシートとしている。

 1990年からは量産されており、1994年まで導入された。

4000系

 1987年に登場。スタイリングは3000系と変わらないが、制御方式は界磁チョッパ制御となっている。2000系と3000系を足して割ったような車両だ。

5000系

 1996年に登場。3000系に続いてVVVFインバータ制御を採用しているが、ステンレス車体を採用した。

6000系

 2005年登場。両得電鉄10系0番台をベースに開発された。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年03月02日

当ページ公開開始日 2019年03月02日