津喜県エリア

 津喜県は、現実世界における千葉県がモデルとなっています。県庁所在地は津喜市(人口400万人以上)。この津喜市や永京都に近いエリアは開発が進んでおり、人口密集地帯となっています。一方、県南部は自然が多く残っています。

 空港が二つあることでも知られており、一つは富街国際空港、もう一つは国内線専用の光鐘空港です。この二つの空港はシャトルバスによって結ばれていますが、鉄道で移動しようとすると不便。そこで、現在二つの空港を結ぶアクセス鉄道が計画されています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年06月09日

当ページ公開開始日 2018年05月20日