空想電車シリーズにおける交通網

空想電車シリーズの日本でも、全国各地へ伸びる高速道路、高速鉄道網があります。

高速鉄道

旧国鉄の流れを引き継ぐ「NTR」によって運営されています。NTRグループは各地方ごとに分かれており、在来線同様高速鉄道も各地方ごとの運営となっています。

高速鉄道の名称は「高速線」です。在来線よりも高速で走ることから名付けられ、空想電車シリーズの世界においては世界初の高速鉄道となります(1964年開通)。

高速線は海外の高速鉄道よりも環境条件が厳しいことで知られています。代表的なのは、トンネルを通る際の騒音です。これはトンネル断面が海外よりも小さく、その分空気が逃げる空間に余裕がないことから生じる減少で、その対策として先頭形状が工夫されています。

また雪が積もる地方があったり、線路の規格が海外の高速鉄道に比べて貧弱だったりなどの悪条件がありますが、その中で世界有数の定時運行率を誇るのはすごいことです。

そんな高速線ですが、現在はリニアモーターカー方式を採用した「リニア高速線」が計画されています。従来の高速線では実現できなかった500km/h運転を行う予定で、現在線路の建設が進められています。この「リニア高速線」は、永京と大阪を既存高速線とは異なるルートで結ぶ路線や、永京と遠山原県を結ぶ路線に採用される予定。それぞれ所要時間が大きく短縮される予定です。

スーパー在来線

高速線は全国各地に路線網が張り巡らされていますが、それでもカバーできていない地域があります。この地域をカバーするために存在するのが「スーパー在来線」です。

法的にはあくまでも在来線という扱いであり、最高速度は160km/hに制限されています。技術的には200km/h以上も可能ですが、直流電化で建設した場合、160km/h以上の速度で運行、設備維持するのは難しいと判断されています(スーパー在来線の多くは直流電化で建設されている)。

スーパー在来線のメリットは、何よりも既存路線との直通乗り入れが可能であるということ。そのため、すべてのスーパー在来線では通常の在来線との直通運転を行っています。

高速鉄道とは異なり、運営するのはNTRだけではありません。私鉄である両得電鉄や、第三セクターなどの運営元により運営されている区間もあります。

両得電鉄「遠山原新線」は、スーパー在来線の一つである。

※スーパー在来線を運営する私鉄は、両得電鉄以外にも阪徳電鉄北陸急行などがある。

在来線

史実同様、線路幅は一部を除き1064mm、電化方式も直流と交流が混在する他、非電化路線も存在します。

NTRが運営する路線と、私鉄や第三セクターが運営する路線があります。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年09月24日

当ページ公開開始日 2018年09月24日