永京都市圏開発度地図

現実の関東地方をベースにした「今北地方」の一部エリアの開発度合地図です。赤に近いほど開発が進んでおり、オレンジ→黄色→黄緑になっていくほど開発度が低く(つまり田舎になっていく)なっていきます。

空想電車シリーズではこの地図のことを「開発度合地図」と現時点では呼称しています。沿線の開発度は、電車の利用状況に影響を与え、そしてそれが運行本数としてダイヤにも表れます。そのうち開発度と運行本数の関係をまとめようと思いますが、そこまで手が回りません……


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年10月19日

当ページ公開開始日 2018年10月19日