北街道本線

北街道本線をゆく

富原地方の大動脈、北街道本線。全区間を通して多くの旅客列車や貨物列車が行きかいます。このページでは、北街道本線を起点の富原船橋から終点の風杜まで、変わりゆく列車の運行形態をご紹介します。

※現在は富原船橋~袖ヶ浦間のみご紹介しております。

富原船橋

富原船橋は鳥豊地方からの玄関口となる駅。この駅の近くには、海底トンネル「鳥富連絡隧道」ができる以前にフェリーが発着していた「富原口」という駅があります。北街道本線の起点は富原口駅なのですが、現在は一部の普通列車のみが走る寂しい区間となりました。

富原船橋駅がある富原船橋市は、人口60万人。鳥豊地方最大の都市神場への距離は遠くないものの、通勤圏内ではありません。そのため、独立した都市圏「富原船橋都市圏(船橋都市圏とも)」の中心都市となっています。

ここから万願寺までの運行間隔は、快速2本(約30分間隔)、普通4本(約15分間隔)です。普通は岡原線直通室田行きと万願寺行きが交互に運行されますが、列車の運行間隔が均一ではありません。ひどいときは6分間隔の後に20分間隔が空く場合もあります。改善要望は毎年出されていますが、折り返し時間や接続の都合で上手く改善できないようです。

車両は風杜エリアで走っていた車両の中古。本来は12両から7両くらいの長さで走っていた電車も、富原船橋では長くて8両、短ければ4両になってしまいます。風杜エリアでは3ドア車がすっかり減りましたが、こちらではまだ3ドアが主力のようです。

黒森

高速線のホームと在来線のホームが離れているのが不評の黒森駅。在来線は富原船橋~海上間の快速が約30分間隔で走っています。富原船橋からは離れていますが、近くに大手自動車メーカーの工場がある関係で利用客は多いです。

小篠

小篠はそれほど大きな町ではありませんが、三川や遠藤方面からの路線と接続するターミナル駅。駅の北側には小篠車両所があり、多くの電車やディーゼルカーが待機しています。この小篠から海上までの区間は約30分間隔の快速に加え、こちらも約30分間隔の普通が走ります。高速線開通以降、特急の本数が極端に少なくなったことから、特急の代わりとして快速の停車駅を減らしています。

海上(うなかみ)

海上は人口40万人の都市。この海上から矢幡方面や三崎方面の路線が分岐します。小篠と同様、車両所がありますが、非電化路線が乗り入れないため電車しか止まっていません。北街道本線の車両と矢幡、三崎方面の車両は共用で使われています。

海上~袖ヶ浦間は、普通が約30分間隔で運行されています。この区間は3両がメイン。運用の都合で4両編成も使用されます。

平塚

平塚には武田町からの列車が乗り入れます。武田町へ向かうディーゼルカーは1両か2両。使用される車両は北街道本線の車両より短いため、北街道本線の電車が長く見えます。

袖ヶ浦

袖ヶ浦は人口120万人の都市。かつては軍港があり栄えていましたが、太平洋戦争でアメリカ軍の攻撃を受け大きな被害を受けました。現在は軍港こそないものの、造船所や車両製造メーカー(袖ヶ浦重工業)などがある工業の街として栄えています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年03月20日

当ページ公開開始日 2018年03月20日