富原地方設定倉庫

このページの内容は、詳しい内容まで考えていないものです。

富原地方の簡単史(鉄道メイン)

仁戸時代(現実世界の江戸時代)初期に、富原地方を含めた天下統一が成し遂げられました。この出来事により、それまでより本州との交流が盛んになっています。

明治時代になると各地で炭鉱が発見され、多くの鉄道が敷設されました。民間の手による貨物鉄道のほか、国が建設した鉄道も開通。その一方で、鉄道会社同士による競争が激化し、大きな問題となりました。

1906年からは、当時の鉄道国有法により一部の私鉄が国に買収されました。しかし、その規模は本州に比べて小さいもので、以前として多くの私鉄が残されていました。

1941年には、防衛にかかわる路線や軍事的に重要とされた路線がほとんど買収されます。それまでの鉄道国有化では、買収金が支払われていましたが、戦争という緊急事態のため支払われませんでした。


戦後、1955年まで富原はアメリカに統治されます。統治中、富腹地方の鉄道はその多くが「冨原鉄道」という公共企業体によって運営されました。

日本に変換された後も、しばらくは国鉄ではなく冨原鉄道によって運営され続けました。

冨原鉄道が国鉄に吸収されたのは、1962年のことです。

統合された後は本州に準じた標準型の車両が導入されていきましたが、通勤電車に関しては例外でした。

当時、冨原地方に導入されていた新型通勤電車はステンレス製が主流。ステンレスの錆びにくい車体は好評だったため、引き続きの導入を希望したのです。

ステンレス製車両を製造できる体制を整えた地元車両メーカーの要望もあり、国鉄吸収以降も現在に至るまでステンレス製通勤電車が導入され続けています。


1970年代になると、エネルギー革命などの影響により各地で炭鉱が閉山されていきます。この影響を大きく受けたのが炭鉱周辺の町や鉄道。町からは多くの人口が流出し、その近くの鉄道も運行本数が大きく減少していきました。この当時各地で見られたのが「人気がない町へ向かう列車」。人口が減っても鉄道そのものは維持されたため、1日数本とはいえ人気がない町にも列車が向かっていました。

地方の暗い話題とは対照的に、人口が増えていったのが風杜都市圏。海沿いに多くの向上が建設され、そこで働くために人々が集まってきたのです。また、ベビーブームも重なり人口が急激に増加しました。

風杜都市圏の人口増加に苦しめられたのが、公共インフラ。学校不足や渋滞も問題になりましたが、鉄道に関しても毎日の混雑と遅延が問題になりました。

国鉄としては出来る限り混雑を緩和するため、本州と同じ仕様の通勤電車を導入…… と言いたいところですが、地元の圧力で引き続き独自仕様のステンレスカーを導入していました。このころの国鉄は地元縛りがない近郊型車両(オールロング)もしており、できるだけ縛りにあらがおうとしていたようです。

地方の過疎化と都心部への人口集中が問題となる中、1980年からは赤字鉄道路線の廃止や分離が進められました。そんな中富原地方では全国に先駆けて国鉄民営化が行われました。

民営化により国鉄の路線を引き継いだ「NTR富原」は、地方の赤字路線分割を進める一方、都心部では列車を増発。遊休地の開発も行い現在も富原地方を代表する鉄道として頑張っています。


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2018年08月25日

当ページ公開開始日 2018年04月15日