平磯鉄道・地下鉄

ひらいそてつどう・ちかてつ

平磯鉄道は、人口約300万人の大都市平磯と、人口50万人の都市三代川を結ぶ鉄道です。並行する在来線が存在しないことから、他の規模が近い鉄道に比べて割と利用客が多いのが特徴です。一方、平磯~三代川間の輸送においては、岩根高速線が並行していることから特急列車の利用客は少なめです。

岐阜車輛が製造した車両が多数を占めています。最古参車両は1974年製の6000系。最新型車両は2018年製の1000系です。

 

6000系 1974年登場 抵抗制御

7000系 1980年登場 界磁チョッパ制御

8000系 1987年登場 GTO-VVVF

9000系 1993年登場 GTO-VVVF

1000系 2003年登場 IGBT-VVVF

 

平磯地下鉄

21000系 1989年登場 GTO-VVVF


※当ページの内容はフィクションです。

当ページ最終更新日 2019年02月13日

当ページ公開開始日 2018年12月07日